top of page
  • 執筆者の写真若林

【ノーコード開発】AdaloとPowerAppsを徹底比較!

更新日:2023年1月12日

こんにちは!ノーコード部の若林です。

今回は、ノーコード開発プラットフォームの中でも特に簡単にアプリが開発できる「Adaloと」、Microsoft社が今推している業務改善アプリ開発プラットフォーム「PowerApps」をあらゆる面から比較していきます。




はじめに

まずはAdaloとPowerAppsについて、それぞれ簡単に紹介します。



Adaloとは


Adaloはアメリカ発のノーコード開発プラットフォームで、Webアプリ・ネイティブアプリが作成できます。ノーコード開発プラットフォームの中でも特に綺麗で使いやすいUIと開発難易度の低さから、かなりの人気を誇っています。ノーコード開発が初めてだという方にもおすすめのプラットフォームです。




PowerAppsとは


PowerAppsはMicrosoft社が提供しているクラウドサービス「Power Platform」に含まれるノーコード開発プラットフォームです。業務改善・自動化に特化したアプリや、Webサイトの作成ができます。Excelに似た関数を使うので僅かに学習コストがかかりますが、SharePointなどのMicrosoft社が提供している他サービスとの連携に長けています。




AdaloとPowerAppsを徹底比較!

それでは早速、様々な面からAdaloとPowerAppsを比較していきましょう。


料金


Adaloは組織毎、PowerAppsはユーザー毎の料金プランになっています。

複数人でアプリを開発・利用するのであれば、Adaloの方がお得ですね。




開発画面・開発方法

Adaloは非常に直感的な操作が可能です。スクリーン上にドラッグ&ドロップでコンポーネントを配置していきます。



コンポーネント毎に設定しなければならない項目が予め定められているので、それに沿って表示されるテキストや利用するデータを設定していきます。







次に、PowerAppsの開発画面を見ていきましょう。



PowerAppsもコンポーネントをドラッグ&ドロップで配置できる点に関してはAdaloと似ていますが、コンポーネントの動作や処理はこちらでゼロから関数を書いて実装する必要があります。





Adaloはもともと用意されている項目しか変更できないため自由度が低いですが、その分学習コストは低く、工数も少なく済みます。

PowerAppsは関数を書ける分自由度は高いですが、Adaloと比べると学習コストは高く、工数も多くなってしまいます。

シンプルなアプリを素早く作りたいのであればAdaloが、複雑なアプリを作りたいのであればPowerAppsが適しているといえるでしょう。



開発したアプリの配布方法

Adaloで開発したアプリは、iOS端末にはApp Store、Android端末にはGoogle Playにて配布できます。Adaloの開発画面上でビルドをしてから、各アプリストアへの申請が必要です。


PowerAppsは少し特殊で、開発したアプリを誰に向けて配布したいかによって配布方法が大きく変わってきます。


・組織内のメンバーのみに向けて配布したい場合

PowerAppsの公式アプリをApp StoreもしくはGoogle Playからインストールします。開発画面上で開発したアプリを共有したいメンバーを選択すると、該当するメンバーのPowerApps公式アプリ上に開発したアプリが表示され、利用できるようになります。


・組織外のユーザーにも配布したい場合

AppSourceというMicrosoft独自のアプリストアで配布します。





プラグイン(コネクタ)



一見Adaloのプラグイン数は少ないように見えますが、Zapierやintegromatなどのサービス同士を連携させるサービスにAdaloとのコネクタが搭載されているため、それらを利用すれば外部サービスとの連携の幅は大きく広がります。ちなみに、Zapier上で連携できるサービスの数は3,000種類以上あります。



API連携

API連携にはどちらも対応しています。



速度

開発したアプリの速度は、正直なところどちらも遅いです。

急ぎで使うことがあるアプリや反応速度を求められるアプリの開発には向きません。





まとめ

以上の比較から、Adalo・PowerAppsが向いているのはそれぞれ以下のような人だといえるでしょう。


Adaloがおすすめなのはこんな人

・シンプルなアプリを素早く作りたい

・複数人で開発がしたい

・作ったアプリを手軽に色んな人に使ってもらいたい


PowerAppsがおすすめなのはこんな人

・複雑なアプリを作りたい

・Microsoft社のサービスを頻繁に使っている

・アプリを共有するのは組織内だけでよい




いかがでしたか?

皆さんも自分に合ったプラットフォームを見つけて、ノーコード開発を楽しんでみてくださいね。


さいごに

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ノーコード部では企画からデザイン・開発まで、Webサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。

またシステム開発もできるノーコード部(シースリーレーヴ株式会社)だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

ノーコードでどんな開発ができるのか、資料に弊社の開発実績をまとめました。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら


Comments


資料ダウンロード.jpg

ノーコードに関するお役立ち資料をご用意しました。

ぜひご活用ください。

☑︎ノーコード開発ツールアプリケーション開発事例集

☑︎新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

☑︎ローコード/ノーコード開発のセキュリティ対策

☑︎誰でもわかる!ノーコードとローコード

開発実績バナーFIX.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

カテゴリー
bottom of page