top of page
  • 執筆者の写真Tachibana

ChatGPTと外部連携するノーコード開発の可能性とメリット

更新日:2023年12月7日

ChatGPTを外部サービスに組み込む方法もご紹介!



ノーコード開発とは?

ノーコード開発とは、コードを書かない開発、つまりプログラミングの知識がなくても、アプリやwebサービスを開発できることを指します。従来のアプリ開発やwebサービス開発は、プログラミングスキルが必要であったため、一般のビジネスパーソンには敷居が高いものでした。しかし、ノーコード開発ツールの登場により、プログラミングスキルがなくても簡単にアプリやwebサービスを開発することができるようになりました。


ノーコード開発は、専用のソフトウェア・ツールを使用して行います。

ツールによっては、ドラッグ&ドロップ方式でコンポーネントを配置することができるため、プログラミングの知識がなくても簡単に開発が可能です。

また、ノーコード開発ツールを使うことで、開発時間が短縮され、コスト削減ができるというメリットがあります。


例えば、レストランの予約システムを開発したい場合、従来であればプログラマーに依頼する必要がありました。しかし、ノーコード開発ツールを使えば、ドラッグ&ドロップでコンポーネント(ソフトウェア開発において再利用可能な部品、ボタンやテキストボックスなど)を配置するだけで、簡単に予約システムを作成することができます。



ChatGPTとは?


ChatGPTとは、OpenAIが開発した自然言語処理のためのAI技術です。自然言語処理とは、人間が話す自然言語(言葉)をコンピューターが理解し、処理できるようにする技術のことです。


ChatGPTは、大量のテキストデータを学習して作られた言語モデルで、自然言語を理解し、文章を生成することができます。例えば、あなたがChatGPTに「最近面白かった映画は何ですか?」と尋ねると、ChatGPTはその意味を理解し、答えを返してくれます。「私が最近見た面白かった映画は『マトリックス』です。あなたも見たことがありますか?」といった具合です。


ChatGPTは、会話システムの開発や、文章の要約、翻訳、感情分析など、さまざまな分野で活用されています。特に、最近ではチャットボットの開発において、ChatGPTが使われることが増えています。


ChatGPTを使ったチャットボットは、人工知能による自然な対話が可能で、人間と会話しているような感覚を味わえます。たとえば、あなたが何か商品について質問をすると、ChatGPTがその意図を理解し、適切な回答を返してくれます。また、ChatGPTは言語の流暢さや返答の質に優れており、高い顧客満足度を実現することができます。




ChatGPTの外部連携とは?

  • ChatGPTのAPIとは何か

ChatGPTのAPIとは、外部のアプリケーションからChatGPTの機能を利用するためのインターフェースです。APIとは、Application Programming Interface(アプリケーションプログラミングインタフェース)の略で、プログラム間の情報のやり取りを可能にする仕組みです。


例えば、あなたが自分のウェブサイトにChatGPTを組み込み、お客さんとのチャット対話を実現したいとします。この場合、あなたが自分でChatGPTのプログラムを作成する必要はありません。ChatGPTのAPIを利用することで、既に開発されたChatGPTの機能を使って、自分のウェブサイトに簡単にチャット機能を実装することができます。

ChatGPTのAPIは、以下のような機能を提供しています。

  1. 自然言語処理による文章の生成

  2. 自然言語処理による文章の分類

  3. 自然言語処理による文章の翻訳

  4. 自然言語処理による文章の要約

  5. 感情分析による文章の分析

これらの機能を利用することで、あなたは自分のアプリケーションやウェブサイトにChatGPTの高度な自然言語処理機能を組み込むことができます。


例えば、あなたが旅行会社を運営しているとします。この場合、お客さんが自分の旅行プランについてChatGPTに質問をすることができます。ChatGPTは、その質問に基づいて、適切な回答を返してくれます。また、ChatGPTを利用することで、旅行プランの要約や評価など、より高度な自然言語処理機能を実現することができます。




ChatGPTを外部サービスに組み込む方法

ChatGPTを外部サービスに組み込むには、まずAPIキーを取得する必要があります。APIキーとは、APIを利用するために必要な認証情報で、APIキーがなければChatGPTのAPIを利用することはできません。


APIキーの発行手順

  1. ChatGPTのウェブサイトにアクセスします。

  2. Get started for free」をクリックします。

  3. 登録フォームに必要事項を入力します。メールアドレス、パスワード、名前、会社名、目的などが必要になります。必要事項を入力したら、「Create Account」をクリックします。

  4. 登録が完了すると、ダッシュボードに移動します。左側のメニューから「API」を選択します。

  5. Create New API Key」をクリックします。

  6. APIキーが発行されます。APIキーは、この時点でしか表示されず、漏洩した場合、他人が利用できるようになるため、他人に知られないように注意して保管してください。


APIキーを取得したら、ChatGPTを外部サービスに組み込むために、以下の手順を実行します。


① 開発環境をセットアップする

ChatGPTを利用するためには、プログラミング言語やフレームワーク、ライブラリなどの開発環境をセットアップする必要があります。ChatGPTのAPIは、多くのプログラミング言語に対応しています。


② APIキーを使ってAPIにアクセスする

APIキーを使ってChatGPTのAPIにアクセスすることで、自然言語処理機能を利用することができます。APIにアクセスするには、HTTPリクエストを送信する必要があります。HTTPリクエストとは、Webサーバーに対して要求を送信するためのプロトコルです。


③ 必要な処理を実行する

APIにアクセスして得られた結果を使って、必要な処理を実行します。例えば、チャットボットにChatGPTのAPIを組み込む場合、お客さんからの質問に応えるために、APIにアクセスして得られた回答をチャットボットに表示するようにプログラムを記述します。


以上の手順を実行することで、ChatGPTのAPIを利用して自然言語処理機能を実現することができます。




ノーコード開発とChatGPTの組み合わせのメリット

ノーコード開発とは、プログラミング知識がなくても、グラフィカルなインターフェースを使ってアプリケーションやウェブサイトを作成することができる技術のことです。ChatGPTを組み合わせることで、自然言語処理の強力な機能を使ったアプリケーションやボットを簡単に作成することができます。以下に、そのメリットをご紹介します。


開発時間の短縮化

ノーコード開発を使うことで、プログラミングに必要な時間を短縮することができます。ChatGPTのAPIを使えば、自然言語処理の機能を簡単に実装することができ、手軽に自然な会話をすることができるアプリケーションを開発することができます。


費用削減

プログラマーやエンジニアを雇う必要がないため、開発コストを削減することができます。また、ChatGPTはクラウドベースのサービスであり、必要な機能に応じて使用料を支払うだけで良いため、開発コストを削減できます。


柔軟性の高さ

ノーコード開発では、ビジネスニーズに合わせたアプリケーションを迅速に作成することができます。ChatGPTを使えば、自然言語処理の強力な機能を使って、ユーザーとの自然な会話を可能にすることができ、顧客サポートや営業など、ビジネスに必要な機能を柔軟に実現することができます。


安定性と信頼性

ChatGPTは、OpenAIによって開発された自然言語処理のモデルであり、多くの人々によってテストされています。そのため、高い安定性と信頼性を誇ります。また、クラウドベースのサービスであるため、サーバーやネットワークの問題に悩むこともありません。





ChatGPTとノーコード開発の具体的な活用例

最近では、ChatGPTのAPIを利用したノーコード開発の需要が高まっています。ここでは、ChatGPTをノーコード開発に組み込んで、実際にどのようなアプリケーションを作ることができるか、いくつかの例を紹介します。



チャットボット

ChatGPTは、自然言語処理技術を利用して、自然な対話を行うことができます。これを利用して、ノーコードツールを使って簡単にチャットボットを作ることができます。例えば、SalesforceのEinstein BotsやChatfuel、ManyChat、Dialogflowなどのツールがあります。これらのツールにChatGPTを組み込むことで、高度な自然言語処理を実現したチャットボットを簡単に作成することができます。


自動文章生成

ChatGPTは、文章を生成するための強力なツールです。これを利用して、ブログ記事や商品説明文などを簡単に自動生成することができます。例えば、WordpressやWixなどのノーコードツールにChatGPTを組み込むことで、自動的にブログ記事を生成することができます。また、商品説明文も同様に、ShopifyやMagentoなどのECサイトにChatGPTを組み込むことで、自動的に生成することができます。


翻訳アプリケーション

ChatGPTは、多言語対応にも対応しています。これを利用して、ノーコードツールを使って翻訳アプリケーションを作成することができます。例えば、BubbleやZapierなどのノーコードツールにChatGPTを組み込むことで、簡単に多言語対応アプリケーションを作成することができます。


以上のように、ChatGPTをノーコード開発に組み込むことで、様々なアプリケーションを簡単に作成することができます。自然言語処理の高度な技術を利用することで、より人間らしい対話や文章生成を実現することができます。




注意点と課題

ChatGPTとノーコード開発を組み合わせることで、多くのメリットが得られることは先に述べました。しかし、いくつかの注意点や課題も存在します。以下にその詳細を説明します。


モデルの信頼性について

ChatGPTは、大量のテキストデータを学習することで、人工的に生成された文章を出力できます。しかし、その出力には、元のデータに含まれていた偏りや人間のバイアスが反映される可能性があります。また、ChatGPTは学習に用いたデータセットの範囲を超えたことについては理解していないため、特定のトピックについては間違った回答を返す可能性があります。そのため、ChatGPTを利用する場合は、出力された結果の信頼性について慎重に検討する必要があります。


データの品質と適合性について

ノーコード開発では、ChatGPTを含めた外部サービスを利用することが多いため、そのサービスが利用するデータの品質や適合性についても注意が必要です。ChatGPTが学習に用いるデータセットに含まれる言語や内容が、利用者のニーズと異なる場合、適切な回答が得られない可能性があります。そのため、利用する外部サービスについては、適切なデータセットを選定し、信頼できるものを利用する必要があります。


ノーコード開発による知識不足

ノーコード開発によるChatGPTの利用は、プログラミングの知識がなくても利用できることがメリットですが、逆に言えば、ノーコード開発の知識が不足している場合、うまく利用できない可能性があります。特に、ノーコード開発に慣れていない人にとっては、外部サービスとの連携や、APIの扱いについて不慣れなため、利用方法に関する学習コストがかかることがあります。ノーコード開発を専門とする会社に依頼するのもよいでしょう。



セキュリティ

ノーコード開発においてChatGPT APIを利用する際には、APIキーの扱いに注意する必要があります。APIキーはサービスを利用するための重要な情報であり、漏洩すると悪意のある人による不正利用や個人情報の流出につながる可能性があります。

そのため、APIキーを扱う際には以下のセキュリティ対策を講じることが重要です。


  1. APIキーを厳密に管理する。

  2. APIキーを公開しない。APIキーをコードに含めたり、公開したりすることは避けましょう。GitHubなどのリポジトリに上げないように注意しましょう。

  3. API通信にはSSL通信を利用し、暗号化された通信経路を確保することが重要です。

  4. APIキーの利用制限を設定することで、利用回数やアクセス元IPアドレスを制限できます。これにより、不正なアクセスを防止することができます。


以上のセキュリティ対策を講じることで、APIキーの漏洩や不正利用を防止することができます。セキュリティに関する知識が不足している場合は、専門家に相談することをお勧めします。



まとめ

実はこれまでの記事はchatGPTで作成をしました。(このまとめの文章もです)

ChatGPTとノーコード開発の組み合わせには多くのメリットと可能性があります。例えば、簡単に自然言語処理機能を実装することができ、コーディングスキルがなくても高度なアプリケーションを開発することが可能です。


また、ChatGPTはAIの精度が高く、自然な文書を生成することができるため、コンテンツマーケティングやカスタマーサポートなど、ビジネスシーンでも幅広く活用されています。


しかしながら、セキュリティ上の注意点やAPIキーの制限にも注意が必要です。APIキーの扱いについては、漏洩や不正利用を防止するために、適切なセキュリティ対策を講じる必要があります。


今後もChatGPTの性能は向上し、ノーコード開発において自然言語処理機能を提供するサービスがさらに増えることが期待されます。これにより、より高度なアプリケーションの開発がより簡単になると考えられます。


以上、ChatGPTとノーコード開発の組み合わせに関する記事でした。今後もAI技術の進化に期待しつつ、セキュリティに対する正しい知識を持ち、適切に活用していくことが大切です。



ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


Comments


資料ダウンロード.jpg

ノーコードに関するお役立ち資料をご用意しました。

ぜひご活用ください。

☑︎ノーコード開発ツールアプリケーション開発事例集

☑︎新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

☑︎ローコード/ノーコード開発のセキュリティ対策

☑︎誰でもわかる!ノーコードとローコード

開発実績バナーFIX.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

カテゴリー
bottom of page