top of page
  • kokimizuochi

ノーコードでWebサイト制作|メリットやおすすめのノーコードツールを紹介

更新日:2023年12月8日


ホームページやランディングページを作成するにあたって、Webサイトを制作できるノーコードツールを検討している方もいるのではないでしょうか。


ノーコードツールであれば、HTMLやCSSの知識が不要なため、プログラミングに比べて簡単かつ低コストで運用できます。


当記事では、ノーコードでWebサイト制作するメリット・デメリットや、ノーコードツールの選び方、おすすめのツールについて解説します。


「自社でWebサイトを運用したい」「外注のコストを抑えたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。


ノーコード(NoCode)とは

ノーコードとは、コードを記述せずにアプリケーションやシステムを開発できる手法です。


通常のプログラミングで必要な知識やスキルがなくても、システムを構築できるため、非エンジニアでも開発に携われるメリットがあります。


ノーコードでできることは、おもに以下の通りです。

  • Webサイト制作

  • アプリ開発

  • ECサイト構築

  • 業務効率化

使用するツールによって、用途やできることは異なります。そのため、どのような目的でノーコードを活用するかを明確にしましょう。



Webサイトをノーコードで制作するメリット


Webサイトを作るには、HTMLやCSSの知識や、ドメイン(URL)、サーバーを用意する必要があります。一方ノーコードなら、これらすべてが不要です。


ノーコードツールでWebサイトを制作するメリットは以下の通りです。


  • 専門知識やスキルが不要

  • 開発期間を短縮できる

  • コストを削減できる


ここでは、それぞれのメリットについて解説します。


専門知識やスキルが不要


Webサイトにおけるノーコードツールは「コードを書かずにWebサイト」を制作できるツール」ということです。


HTMLやCSSの知識がなくてもWebサイトを制作できるため、専門知識やスキルがない方でも、ホームページを作成し公開することができます。


非エンジニアでもWebサイト制作に携われるため、コーダーやエンジニアなどIT人材不足の解消にもつながるでしょう。


開発期間を短縮できる


ノーコードであれば、0からではなく用意されたテンプレートを活用して、Webサイトを制作していくことができます。


Webサイトの基盤となるコードの記述が一切必要ないため、企画から開発、公開までの期間を大幅に短縮できるでしょう。


LPなどの簡単なWebサイトを制作する場合は、最短即日~数日程度で公開できます。


コストを削減できる


Webサイト制作ができるツールには、無料から使えるものも多くあります。本格的に使う場合でも、月数千円から利用可能です。


0からLPやホームページを作るとなると、数十万円の制作費がかかります。


一方でノーコードであれば、初期費用0円・月額数千円といった低コストで、Webサイトを運用することができるのです。


以下の資料では、ノーコード開発ツールによるアプリケーションの開発事例の詳細をお伝えしています。

  • ノーコードの基礎知識の紹介

  • ノーコードの開発事例10選

弊社シースリーレーヴの開発事例も含めてご紹介しています。今後ノーコードでの開発をご検討中の方はぜひご参考ください。


Webサイトをノーコードで制作するデメリット


ノーコードであれば、低コスト・ハイスピードで誰でも簡単にWebサイト制作ができるメリットがあります。一方で、デメリットもいくつかあることを頭に入れておきましょう。


  • 複雑なシステム開発には不向き

  • デザインの自由度が低い

  • ツールに依存する


ここでは、それぞれのデメリットについて解説します。


複雑なシステム開発には不向き


ノーコードは、ツールに用意されているパーツを組み合わせることで、システムを開発します。


そのため、複雑かつ大規模な開発には不向きな一面があるのです。


実際、「ノーコードは定型的なデザインや、多少のカスタマイズしかできない」というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。


しかし近年では、ノーコードツールも進化して、アニメーションやマイクロインタラクションなど、高度なカスタマイズにも対応できるようになりました。


デザインの自由度が低い


ノーコードにおけるWebサイト制作では、ツール内に用意されたパーツや素材を用いてサイトをデザインします。


そのため、ツールごとにある程度デザインが決まってしまっており、表現できるデザインの幅が狭いことがデメリットです。


しかし、ツールによっては、豊富な写真や素材を活用して、質の高いオリジナルデザインのサイトを制作することもできます。


ツールごとの制作事例やテンプレート素材を見て、イメージに沿ったサイトが制作できそうかをチェックするといいでしょう。


ツールに依存する


ノーコードツール全般に言えることですが、構築したシステムはツールに依存します。


そのため、ツールがサービス終了した場合は、一からWebサイトを制作し直さなければなりません。ツールの利用料が上がれば、サイトの維持費やコストも上がります。


また基本的にセキュリティ対策もツールに依存するため、情報漏洩のリスクにも配慮しなければなりません。


ツールを選ぶときは、信頼性が高いかどうかを必ずチェックしましょう。


ノーコードツールを選ぶときのポイント

数多くのノーコードツールの中から、どのようなツールを選ぶべきか悩む方は多いのではないでしょうか。


ノーコードツールを選ぶときは、以下のポイントを確認しましょう。


  • 目的に適しているか

  • 予算に合っているか

  • テンプレートは豊富か

  • 機能は充実しているか

  • 日本語対応しているか


ここでは、それぞれのポイントについて解説します。


目的に適しているか


ノーコードツールは、利用するツールによって機能やできることは変わってきます。


たとえば、「アプリ開発したい」「ホームページを作りたい」「業務効率化したい」など、目的に合わせて最適なツールを選びましょう。


まずはどのような目的でシステム開発したいかを明確にして、必要な機能が備わっているかをチェックして比較することが大切です。


予算に合っているか


ノーコードツールやWebサイト作成サービスは、無料で使えるものも多くあります。


一方で、本格的に運用するとなると、月ごともしくは年単位でコストがかかるため、予算を決めたうえで選定することが重要です。


コンテンツ制作など運用にかかる費用を加味したうえで、自社の予算に合っているかを十分検討しましょう。


テンプレートは豊富か


ノーコードにおけるWebサイト制作では、ツールに用意されたテンプレートをカスタマイズするのが一般的です。


ツールによってテンプレートの豊富さが大きく異なるため、デザイン性にこだわりたい場合は、テンプレートの数についても着目してみてください。


「簡単におしゃれなデザインにしたい」「デザインを任せたい」という場合は、テンプレートが豊富なツールを選ぶといいでしょう。


機能は充実しているか


単にホームページを制作できるだけでなく、機能性が充実しているかも大切です。


たとえば、「ネットショップ対応させたい」「CMS管理したい」などの希望がある場合は、それらに対応したツールを選ぶ必要があります。


反対に、簡単なページを作成するだけで問題ない場合は、機能性がシンプルなツールを選ぶとコストを抑えられます。


日本語対応しているか


ノーコードツールは海外製のものが多く、英語表記のみ対応しているツールも多く存在します。英語が苦手な方にとっては、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。


有名なツールであれば、ネットやYouTubeで使い方の解説が行われているため、使い方に困ることは少ないでしょう。


また近年では、完全日本語対応の国産ツールも増えてきています。


以下の資料では、システム開発の際におすすめのノーコード開発ツールをご紹介しています。資料の内容は以下です。

  • ノーコードの基礎知識の紹介

  • ノーコードの開発ツール名/利用料金/サイトURL

  • 開発したいアプリに応じたおすすめのツール紹介

「ノーコードツールが多くてどれがいいかわからない」「ツール別の特徴を一目で確認したい」という方は、ぜひご確認ください。


Webサイト制作におすすめのノーコードツール5選

ここでは、Webサイト制作におすすめのノーコードツールを5つ紹介します。


簡単にLP制作ができるツールから、カスタマイズ性が高いツールまで幅広く紹介するため、どのようなツールがよいか迷う方はぜひ参考にしてください。


STUDIO


STUDIOは、オンライン上でおしゃれなWebサイトを制作できるノーコードツールです。


テンプレートから選択する方法と、1からデザインを仕上げる方法があり、デザイン性の高いWebサイト制作が可能です。


アイコン素材や写真が豊富なため、用意されているテンプレートを活用するだけで、おしゃれで高クオリティのサイトを制作できるでしょう。


作業中に分からないことがあれば、サイト内のチャット機能で気軽に質問できます。STUDIOは完全日本語対応なので、英語が分からなくても安心です。


Webflow


Webflowは、直感的な操作で手軽にWebサイトを制作できるノーコードツールです。


ランディングページ・コーポレートサイト・ECサイト・メディアサイト・ブログなど、Webサイト制作に一通り対応しています。


SEO設定やSSL、独自ドメイン対応など機能性が高く、レスポンシブデザインやアニメーションによる動きのあるページ作成も可能です。


機能が豊富なので、使いこなすためには学習する必要がありますが、細かなチュートリアル動画も用意されているため安心です。


ペライチ


ペライチは、LP制作に特化した日本製のノーコードツールです。


基本的には1ページのみのサイトを作る仕様になっていますが、設定を変更すれば複数ページのWebサイトも作成できます。


予約機能や決済機能・メルマガ・問い合わせフォーム・SNS連携など、Webサイト制作に必要な機能はほとんど備わっています。


ランディングページやイベント紹介サイト、名刺代わりの自己紹介サイトなど、1ページで完結するサイト作成におすすめです。


Wix


Wixは、全世界で1億人を超えるユーザーがいる、イスラエル発のノーコードツールです。


500種類以上の豊富なテンプレートが用意されており、操作性が高いため、初心者でもクオリティの高いデザインレイアウトができます。


独自ドメインやSSL・多言語・ネットショップ機能にも対応しているほか、250以上の拡張機能アプリがあり、幅広い使い方ができるでしょう。


SEO、メルマガ、ブログ、SNS、動画、オートメーションメールなど、マーケティングツールが多く、Web制作に必要なツールはほぼ揃っています。


グーペ


グーペは、GMOペパボ株式会社が提供する、Webサイト作成用ノーコードツールです。


Webサイトに必要な機能が幅広く備わっており、作成・運用・集客すべての機能の開発・改善を行っています。


コンテンツは、スマホやタブレットからすきま時間に更新できるため、更新の手間を省くことができます。また同社が運営するカラーミーショップやminneとの連携も可能です。


これらのサービスを既に利用している方は、グーペの利用をおすすめします。


以下の資料では、システム開発の際におすすめのノーコード開発ツールをご紹介しています。資料の内容は以下です。


  • ノーコードの基礎知識の紹介

  • ノーコードの開発ツール名/利用料金/サイトURL

  • 開発したいアプリに応じたおすすめのツール紹介


「ノーコードツールが多くてどれがいいかわからない」「ツール別の特徴を一目で確認したい」という方は、ぜひご確認ください。


まとめ


ノーコードツールであれば、低コスト・ハイスピードでWebサイト制作が可能です。専門知識やスキルが不要で開発できるため、IT人材不足の解消を図れます。


自社の運用目的に合わせてツールを選定し、効果的に運用することで、ブランディングや企業・商品・サービスの認知、集客につながるでしょう。


Webサイト制作やシステム開発を検討している方は、ぜひノーコードツールを導入してみてはいかがでしょうか。




ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


Комментарии


20240605-144908.jpg

シースリーレーヴ株式会社

ノーコード・ローコードの開発会社。

Bubble 開発実績日本最大級

Bubbleシルバーエージェンシー受賞

見出しを追加 (2).png
資料ダウンロード.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

bottom of page