top of page
  • kokimizuochi

ローコード開発の将来性とは?今後プログラマーの仕事にどう影響するのか

更新日:2023年12月7日

ローコード開発は、GUI操作のみで直感的にシステムを開発できる手法です。開発の期間やコストを抑えられるほか、高品質かつ安定した開発が行えるメリットがあります。


企業のIT化が進む中、ローコード開発はますます需要が高まりつつあります。そこで、ローコード開発の将来性やプログラマーへの影響について気になっている方もいるのではないでしょうか。


当記事では、ローコード開発の将来性や注目されている理由、今後プログラマーへ与える影響について解説します。


ローコード開発で必要となる知識についても紹介するので、導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


ローコード開発とは

ローコード開発とは

ローコード開発は、少ないコードの記述のみでアプリケーションやソフトウェアを開発する手法です。


ドラッグ&ドロップの直感的な操作で開発できるため、フルスクラッチ開発に比べて圧倒的に工数を削減できるメリットがあります。


ローコード製品では、さまざまな機能が部品として提供されており、必要なパーツやテンプレートを組み合わせながらシステムを構築していきます。


可能な限りコーディングの工数を削減することで、開発の期間を短縮化し、高品質かつ安定した開発が可能です。


従来のシステム開発との違い


従来のシステム開発では、エンジニアがユーザーの要望をヒアリングし、機能設計を行ってから、プログラミング作業に入る必要があります。


その後、何度かテストを繰り返してリリースする流れが一般的です。


一方ローコードでは、機能設計の段階からGUIを活用し、パーツを組み合わせることでプログラムを自動生成することができます。


ある程度プログラミングの知識やスキルは必要になるものの、ユーザー自身でコーディング作業も可能なので、必要に応じてカスタマイズや調整が行いやすい点が特徴です。


ノーコード開発との違い


ローコード開発に似た言葉として、「ノーコード開発」と呼ばれるものがあります。


ノーコード開発は、完全にコードの記述をせず、ドラッグ&ドロップの簡単な操作のみで開発できる手法のことです。


比較的簡単な開発手法なので、プログラミングの知識やスキルがない非エンジニアでも開発が行えます。


一方で、柔軟性や拡張性に欠ける一面があり、機能拡張や細かなカスタマイズが難しいため、細かな部分をローコードで補う手法もよく用いられています。


誰でもわかる!ノーコードとローコード




ローコード開発の将来性は高い

ローコード開発の将来性は高い

ローコード開発の市場は、拡大が予想されており、世界的に大きな影響力を持つIT企業群「GAFAM」も、開発企業の買収や自社開発を進めてきました。


日本のIT市場調査とコンサルティングを手がける「ITR」では、ノーコード・ローコードの市場は2023年に1,000億円規模にのぼると予測しています。


ノーコード・ローコード開発をスタンダードにした開発体制をとる企業も増え始めており、ローコード開発の将来性は高いといえるでしょう。


ローコード開発の拡大・成長の背景には、経済産業省が推奨するDXによる影響が大きく、コロナ禍でさらに重要性が増しました。


ローコード開発の需要とは


ローコード開発は以下のような需要によって、注目が広がっています。

  • ​業務システムのIT化

  • システム開発人材の不足

  • 短納期のハイスピード開発

それぞれ順に解説していきます。


業務システムのIT化


企業がITを活用する事例は急速に拡大しており、書類と印鑑が必要だった承認プロセスなど、アナログで行っていた業務のITへの切り替えが求められるようになりました。


社会の変化に合わせて多くのシステムを活用するなかで、ITの活用が必要不可欠となるケースも増加しています。


実際に、コロナ禍をきっかけに、可能なものはすべてオンラインで行う風潮も強くなっているといえるでしょう。


ローコード開発は、さまざまな業務を自動化し、急速なITの拡大に対応できることから、需要が高まっています。


システム開発人材の不足


業務のIT化にともない、システム開発人材の需要も高まっています。


これまでは、システム開発をIT企業に委託する方法が一般的でした。しかし、現在ではIT企業内でもシステム開発者が不足し始めているのが現状です。


ローコード開発は、高度な専門知識やスキルがなくても、ある程度のプログラミング知識や経験があれば、システム開発が行えます。


ハイスピード開発


IT企業にシステム開発を依頼すると、企画からリリースまで多くの時間がかかることもあります。


しかし、顧客ニーズを的確に満たすには、ハイスピードで開発を進めていくことが重要であるため、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性があるでしょう。


一方ローコード開発は、短期間での開発が実現可能です。開発だけでなく修正も迅速に行えるので、顧客ニーズを的確に満たすことができます。


ローコード開発によるプログラマーの将来性は?

ローコード開発によるプログラマーの将来性は?

ノーコード・ローコードが普及するにあたって、ITエンジニアの将来性や影響が気になる方もいるのではないでしょうか。


近年ノーコード・ローコードでも高度なWeb開発が行えるようになってはいるものの、まだまだできることは限られており、実装できない機能も多くあります。


また緊急性が高い障害に対応しにくく、非エンジニアの開発によるセキュリティリスクが高い一面があるため、保守運用の観点から見ると、エンジニアは必要不可欠な存在です。


もちろん、ローコード開発ツールがさらに進化を続けることで、エンジニアの数が減ることもあるかもしれません。


しかし、IT業界で求められるレベルがますます上がっていく中で、あらゆる場面で柔軟に対応できるエンジニアの需要は高まるといえるでしょう。


ローコード開発のメリット


ローコードが普及し始めている理由には、以下が大きく影響しています。

  • 高度なシステム開発ができる

  • 開発期間やコストが抑えられる

  • 既存システムとの連携が可能

ここでは、それぞれのメリットについて解説します。


高度なシステムを開発できる


ローコード開発は、コードの記述による機能拡張や細かなカスタマイズが行えます。


実装したい機能がツールで提供されていなくても、プログラミングを組み合わせることによって、必要な機能を補うことが可能です。


ローコード開発を上手く活用することで、フルスクラッチに劣らない高いクオリティでWebシステムを開発できるでしょう。


ローコードは、フルスクラッチ開発とノーコード開発の両方のメリットを持ち合わせています。


開発期間やコストが抑えられる


ローコード開発は、必要最低限のプログラミングで開発を進めることができる手法です。そのため、開発にかかる時間やコストを大幅に削減することができます。


システム開発会社にフルスクラッチで開発を外注すると、システムの規模にもよりますが、数百~数千万円の費用がかかることがほとんどです。


一方、ローコード開発であれば、数十万円~数百万円の費用でシステム開発が実現できるため、開発費用を大きく抑えられます。


また開発環境を構築する必要がなく、パーツを組み合わせてシステムを構築するため、開発期間の削減も可能です。


既存システムとの連携が可能


ローコード開発ツールの多くには、他のソフトウェアや外部ツールと連携できる機能がはじめから搭載されています。


連携機能を活用することで、社内の既存システムと連携する独自システムの構築が可能です。


ローコードで業務システムを開発することで、社内の業務効率化や自動化をよりスムーズに実現できるでしょう。


以下の資料では、ノーコード開発ツールによるアプリケーションの開発事例の詳細をお伝えしています。


  • ノーコードの基礎知識の紹介

  • ノーコードの開発事例10選


弊社シースリーレーヴの開発事例も含めてご紹介しています。今後ノーコードでの開発をご検討中の方はぜひご参考ください。

ノーコード開発ツールによるアプリケーション開発事例集



ローコード開発のデメリット・注意点


ローコード開発には、以下のようなデメリットもあるため注意しましょう。

  • 大規模で複雑なシステム開発には不向き

  • 誰でも簡単に開発できるわけではない

  • プラットフォームに依存する

ここでは、それぞれのデメリットについて解説します。


大規模で複雑なシステム開発には不向き


ローコード開発は、フルスクラッチのような大規模かつ複雑なシステム開発には不向きな一面があります。独自システムの追加や機能拡張において、ローコードでは対応できない範囲があるためです。


しかし、現在ではローコードによる高度なWeb開発も実現しており、フルスクラッチにも劣らないクオリティを担保できることもあります。


かなり高性能な機能を求めない場合は、ローコードによる開発で十分といえるでしょう。


ローコード開発のクオリティは開発者に依存するため、開発実績・事例が豊富なシステム会社に依頼することがおすすめです。


誰でも簡単に開発できるわけではない


ローコードは、必要最低限のコードの記述で開発する手法なので、ノーコードのように一切コードを書かずに開発することはできません。


機能拡張や独自システム追加など、要望に沿ったカスタマイズができる一方で、プログラミングの知識が全くない人にとっては難しい開発手法です。


システム設計や開発の工数計算を行う必要があるため、基本的なプログラミングの知識やスキルを持つIT人材が必要になります。


ローコードによる開発は、社内のエンジニアもしくはローコード開発に対応した会社への受託開発がおすすめです。


プラットフォームに依存する


ノーコードやローコードは、開発したサービスが開発環境に依存します。


つまり、ツールがサービス終了した場合に保守運用が難しくなったり、利用料金の値上げにともなってコストが増加する可能性があるのです。


またローコードでは独自のセキュリティ対策を施すこともできないため、システムセキュリティもプラットフォームに依存します。


そのため、ローコード開発を行う際は、豊富な開発実績があり、信頼性・安定性の高いツールを選定している会社を選ぶことが重要です。


ローコード開発に必要となる知識

ローコード開発に必要となる知識

ローコード開発では、最低限以下の知識が必要です。

  • プログラミングの知識

  • データベースの知識

  • ローコード製品の知識

ここからは、ローコード開発で必要となる知識について解説します。


プログラミングの知識


ローコードは少ないコードの記述で開発できる手法なので、全くプログラミングの知識が不要というわけではありません。


ローコードで実装できない要件が出てきた場合、プログラミングの知識があれば、足りない部分を独自開発して組み合わせることができます。


実際、ローコードの機能だけでは要件を満たせないケースも多く、ローコードだけでは実現できない部分をプログラミングでカバーすることが大切です。


データベースの知識


ローコード開発には、データベース設計・データベースモデリングの知識も必要です。


データベースの知識がないと、データ保持が不適切な状態で行われてしまい、アプリが複雑化してしまう可能性があります。


それによってバグが発生したり、保守コストが増加したりといったリスクが生じるのです。


データを継続的に管理するために、データベースの知識は必要不可欠です。しかし、専門性が高く、習得までのハードルも高い領域といえます。


ローコード製品の知識


ローコード開発は、製品によってできること・できないことが異なります。


やみくもにローコード製品を導入すると、実装したい機能を満たせず、0から作り直しになってしまうケースも考えられるのです。


そのため、開発するシステムの目的を明確にしたうえで、要件を満たせるローコード製品を選定する必要があります。


まとめ


ローコード開発の市場は拡大が予測されており、将来性は高いといえるでしょう。保守運用の観点で、あらゆる局面で柔軟に対応できるプログラマーの需要も高まるといえます。


ローコードはフルスクラッチに比べて簡単に開発できるものの、基本的なプログラミング知識やデータベースの知識は必要不可欠です。


ローコードにおける受託開発なら、ノーコード開発とシステム開発を提供する「シースリーレーヴ」までお問い合わせください。


ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Comments


資料ダウンロード.jpg

ノーコードに関するお役立ち資料をご用意しました。

ぜひご活用ください。

☑︎ノーコード開発ツールアプリケーション開発事例集

☑︎新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

☑︎ローコード/ノーコード開発のセキュリティ対策

☑︎誰でもわかる!ノーコードとローコード

開発実績バナーFIX.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

カテゴリー
bottom of page