top of page
  • 執筆者の写真Tachibana

Bubbleを使ったシステム開発で成功するためのポイントとは?

更新日:2023年12月7日





Bubbleとは?

Bubbleとは、プログラミング知識がなくてもWebアプリケーションを開発できるサービスです。要するに、Excelのようにブロックを組み合わせるだけで、オリジナルのWebアプリケーションを作成することができるのです。


例えば、オンラインショップやアンケートフォーム、社内システムなど、多種多様なWebアプリケーションを作成することができます。また、BubbleはAWSやGCPのようなクラウドサービスと連携することもできるため、大規模なWebアプリケーションも構築することができます。


Bubbleを使うことで、プログラミングスキルがなくてもWebアプリケーションを開発できるため、多くの人々が手軽にシステム開発に挑戦できるようになりました。

次は、Bubbleを使うメリットとデメリットについてお話しします。




Bubbleのメリットと

デメリット





まずは、Bubbleを使ったシステム開発のメリットについてです。


メリット

  • プログラミングスキルが不要

Bubbleは、Excelのようにブロックを組み合わせるだけでシステムを開発できます。そのため、プログラミングスキルがない人でも手軽にシステム開発に挑戦することができます。


  • 開発期間が短縮

ブロックを組み合わせるだけでシステムを開発できるため、開発期間が短縮されます。また、開発中に修正や変更を加えることも容易です。


  • フロントエンドとバックエンドを一体化

Bubbleは、フロントエンドとバックエンドを一体化して開発することができます。そのため、開発者はAPIの作成やデータベースの設計などの作業を行う必要がありません。


  • 豊富なプラグインやテンプレート

Bubbleには、豊富なプラグインやテンプレートが用意されています。そのため、様々な機能を簡単に追加することができます。



次に、Bubbleを使ったシステム開発のデメリットについてです。



デメリット

  • カスタマイズが難しい

Bubbleは、ブロックを組み合わせることでシステムを開発するため、カスタマイズが難しいというデメリットがあります。独自の機能やデザインを実現する場合は、プラグインを開発する必要があるかもしれません。


  • セキュリティの問題

Bubbleは、セキュリティ面での問題が指摘されることがあります。特に、データベースの設定やAPIの設定などに不備がある場合は、セキュリティリスクが高まることがあります。




Bubbleを使った開発実績一例

弊社でもBubbleを使用したサービスを多数開発しております。以下のノーコード開発事例でいくつかご紹介します。



  • Kifto(キフト) 〜「NFT×寄付」これまでにない、新たな寄付の形〜

非営利団体の活動写真を登録し寄付をして下さった方にNFT写真として返礼ができる、これまでの「いただく」寄付とは違った新しい寄付サービスです。

非営利団体として活動している事業者様がKiftoへ参加いただき日々の活動の報告を行い、その活動を応援したいと思っている人や、想いに共感した人が支援者として寄付を行います。

支援者は、この寄付に対してお礼としてあらかじめ作成されたリターンNFT画像を受け取ることができます。


開発期間:2.5ヶ月



  • 小比類巻道場オンライン 〜オンラインでキックボクシング!〜

小比類巻貴之による、オンラインでキックボクシングの昇級審査やレッスンが受けられるファンコミュニティサイトです。今までになかったキックボクシングの昇級審査が受けられる他、基礎から応用まで学べるトレーニング動画や、小比類巻貴之から直接オンライン指導を受けられるイベントなど様々なコンテンツをお楽しみ頂けます。

また、格闘技ファンの方同士で交流できる掲示板もあり、小比類巻貴之に直接質問出来るコーナーもあります。


開発期間:2.5ヶ月



  • kitene 〜「SNS×採用」で気軽に採用ができる!〜

Twitter採用が気軽に出来る「募集・応募・採用」サービスです。以前Twitter採用で話題になっていた「Bosyu」というサービスに似たサービスになります。

SNSで共有した場合に表示される画像(OGP画像)や応募者とのやり取りなども全てノーコードで開発しております。なお、ノーコードの普及のために、このサービスは無料で提供しています。


開発期間:1ヶ月


  • Twinq(ツインク) 〜SNSを使って簡単投票!〜

写真を使って二択の質問を投稿、ワンタップで回答ができる投票サービスです。

2022年3月にリリースし、わずか1ヶ月で登録者は800名(4月6日時点)を超えています。

SNSで共有した場合に表示される画像(OGP画像)や、投稿者の属性毎のグラフなども全てノーコードだけで作成しています。


開発期間:1ヶ月




Bubbleを使ったシステム開発で成功するためのポイント



Bubbleを使ったシステム開発は、プログラミングスキルが不要であり、開発期間も短縮できるため、多くの企業が注目しています。しかし、ただ開発を行えば成功するわけではありません。以下に、Bubbleを使ったシステム開発で成功するためのポイントを紹介します。


Point1:要件定義をしっかり行う

システム開発の基本は、要件定義から始まります。Bubbleを使ったシステム開発でも同じです。要件定義を怠ると、後になって仕様変更が必要になり、開発期間が長引くことになります。要件定義をしっかり行い、必要な機能やUI、操作性などを明確にすることが重要です。


Point2:データ構造を考える

Bubbleは、データベースを使ってシステムを構築します。データ構造を考えることで、データベースのテーブル設計や関係性を明確にすることができます。データ構造を考えることで、システムの拡張性や保守性を高めることができます。


Point3:UI/UXを重視する

Bubbleは、シンプルで使いやすいUIが特徴です。しかし、UI/UXに配慮しないと、ユーザーが使いづらいシステムになってしまいます。UI/UXを重視し、ユーザーが使いやすいシステムを作ることが重要です。


Point4:テストを徹底する

システム開発において、バグの発生は避けられません。バグを未然に防ぐためにも、テストは欠かせません。Bubbleを使ったシステム開発でも、テストは徹底しましょう。テストを行うことで、バグを発見し修正することができます。


以上が、Bubbleを使ったシステム開発で成功するためのポイントです。要件定義やデータ構造、UI/UX、テストなどを徹底し、高品質なシステムを作り上げましょう。






Bubbleの導入を考える際の注意点

Bubbleはシステム開発を簡単にするためのプラットフォームとして注目されていますが、その導入には注意点があります。ここでは、Bubbleの導入を考える際に注意すべき点を紹介します。


  • 開発費用の見積もり

Bubbleは使いやすく、開発期間が短縮できるため、費用面でのメリットがあります。しかし、開発費用の見積もりを立てる際には、必ず開発に必要な要素を把握し、正確な見積もりを行うようにしましょう。


  • 開発者のスキルセット

Bubbleを使ったシステム開発には、開発者のスキルセットが必要です。開発者には、Bubbleの基本的な機能や仕組みについての知識が必要となります。また、プログラミング言語の経験があると、より効率的な開発が可能になります。


  • データのセキュリティ

システム開発において、データのセキュリティは非常に重要です。Bubbleでは、データベースやAPIなどを利用することができますが、適切なセキュリティ対策を講じなければ、データ漏えいや不正アクセスなどの問題が発生する可能性があります。データのセキュリティに関する知識を持ったエンジニアやセキュリティ専門家をプロジェクトに参加させることが重要です。


  • システムの拡張性

システム開発においては、将来的な拡張性を考慮することが必要です。Bubbleを使ったシステム開発においても同様で、将来的にシステムを拡張するための設計やコーディングが必要となります。開発者は、将来的な拡張性を考慮して、より汎用的なコードを書くようにすることが重要です。



以上が、Bubbleの導入を考える際に注意すべき点です。開発費用の見積もりや開発者のスキルセット、データのセキュリティ、システムの拡張性について正確に把握し、プロジェクトを進めていくことが重要です。




まとめ


Bubbleを使ったシステム開発について、今回は多くのポイントをご紹介しました。それでも、まとめてみると「システム開発は誰にでもできる」というのが、Bubbleの魅力の一つですね。ただし、それだけでは成功することはできません。プロジェクトの進め方や注意点をしっかりと把握し、問題に対処することが必要です。


c3reveは、Bubbleを使ったシステム開発の専門企業です。低価格でハイスピードな開発が可能であり、また、高度な技術を持ったスタッフが在籍しています。ノーコードで実現できなかった部分もシステム開発を組み込むことで実現可能にすることができ、お客様の要望に沿った開発を行います。お客様に寄り添い、一緒に問題解決に取り組むことが私たちのモットーです。


私たちは、お客様とともに、最適なシステム開発を実現するために全力で取り組みます。Bubbleを使ったシステム開発にご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。






ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!






Comments


資料ダウンロード.jpg

ノーコードに関するお役立ち資料をご用意しました。

ぜひご活用ください。

☑︎ノーコード開発ツールアプリケーション開発事例集

☑︎新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

☑︎ローコード/ノーコード開発のセキュリティ対策

☑︎誰でもわかる!ノーコードとローコード

開発実績バナーFIX.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

カテゴリー
bottom of page