top of page
  • 執筆者の写真Suzumura

Flutter Flow(フラッターフロー)を使ったノーコード受託開発会社の選び方をご紹介!メリットやデメリット、料金体系なども徹底解説

更新日:4 日前





Flutter Flowとは?

Flutter Flowは、GoogleのFlutterフレームワークを基盤にしたノーコード、ローコード開発プラットフォームです。視覚的にアプリケーションをデザインし、構築することが出来ます。開発者がコードを書かずに高度なモバイルアプリケーションを作成することも可能です。


Flutter Flowで開発を行うメリット

開発スピードの向上:

視覚的なインターフェースとプリビルトのコンポーネントにより、開発時間を大幅に短縮できます。

従来のシステム開発と比べても大幅な時間短縮が見込めます。開発からリリースまでの期間が短いためアイデアを即形にすることが出来ます。


コスト削減:

コーディングの必要がないため、開発チームの規模を小さく抑えることができ、コスト削減が可能です。また、開発期間の短縮に伴い、総合的なコストも削減されます。

従来のシステム開発の3分の1ほどにコストを削減できます。


クロスプラットフォーム互換性:

Flutter FlowはFlutterを基盤としているため、iOSとAndroidの両方に対応したアプリケーションを同時に開発することができます。そのためiOSとAndroidを別々に開発するといった手間がかかりません。


ユーザーフレンドリーなインターフェース:

開発経験が少ないユーザーでも直感的に利用できるインターフェースを提供しており、幅広いユーザー層に対応しています。システム開発に携わったことがない人でもわかりやすいような設計になっています。


カスタムコードの統合

Flutter Flowはノーコードプラットフォームでありながら、必要に応じてカスタムコードを統合することが可能です。これにより、標準の機能に加えて、独自のロジックや機能を追加することができます。これにより、他のノーコードツールより高度なアプリケーション開発が可能になります。


Flutter Flowは、ノーコード開発の利便性とFlutterのパワーを組み合わせた強力なツールです。迅速な開発とコスト削減を実現しつつ、プロフェッショナルなアプリケーションを作成することが可能です。ただし、特定の要件や規模のプロジェクトでは、いくつかの制約を考慮する必要があります。FlutterFlowを利用する際には、そのメリットとデメリットを理解し、適切な開発パートナーを選ぶことで、効果的なアプリケーション開発を実現することができます。


Flutter Flowは近年注目を浴びており、多くの企業がFlutterFlowを使ったアプリケーションやウェブサイトを開発しています。また、FlutterFlow含むノーコードを活用した受託開発会社も増えており、様々なプロジェクトを手がけています。


選ぶべきFlutter Flow受託開発会社の特徴

Flutter Flowで開発をおこなう場合、受託開発会社選びが重要です。しかし、数多く存在する受託開発会社からどのような特徴を持った会社を選ぶべきなのでしょうか?

Flutter Flowで優れた実績を持ついくつかの日本の開発会社を紹介し、それぞれの特徴を説明します


Flutter Flowの開発実績を公開している会社であること

Flutter Flowは比較的新しいノーコード開発プラットフォームのため、経験豊富な開発者が少ないのが現状です。そのため開発会社がFlutterFlowの開発経験、知識をもっているか確認することが非常に重要です。そのためにもFlutterflowの開発実績を出している企業を選びましょう。



Flutter Flow開発実績を多く公開している会社例

シースリーレーヴ株式会社

シースリーレーヴ株式会社は、Flutter FlowやBubbleなどのノーコード開発を得意とするノーコード受託開発会社です。

様々な業界・規模の企業様の開発を行い、日本最大級のノーコード開発実績数があります。

2023年には、Flutter Flow開発において、高い成果を上げているユーザーであるとして、FlutterFlowトップユーザーに選出されています。


強み:

  • 業界特価の価格設定

  • 幅広い開発分野への対応

  • 開発後のマーケティングも対応

  • 短期間での開発実績

  • 大規模プロジェクトの成功事例

  • コスト効率の高い開発


またFlutter Flowで開発した自社サービスの推し活アプリ「推しアップ」ではリリースからわずか2ヶ月で登録者数3,000名を突破しサービスの拡大を続けています。

推しアップのサービスサイトはこちら


シースリーレーヴではFlutter Flowで開発した開発事例を公開しています。

実際にどのくらいの費用感で開発することが出来るのかも記載しているので概算費用も確認できます。

ノーコード開発事例

※企業様に了承を得た事例のみ公開しております。

ベンチャー企業様から上場企業様の開発も行い、また開発しているサービスも、マッチングアプリや社内業務改善、BtoC、BtoB系など、多岐に渡ります。


Flutter Flowの疑問点や概算見積の相談、開発についてなどご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。ノーコード開発のプロがお答えいたします。




株式会社マイスターギルド

株式会社マイスター・ギルドは、最新テクノロジーを活用したシステム開発に強みを持っています。Flutter Flowを使ったモバイルアプリ開発に特化しており、大手メーカー向けのデジタルサイネージ管理システムやBtoB向け販売管理システムなどの実績があります。


強み:

  • 最新技術の積極的な導入

  • 大規模プロジェクトの成功事例

  • カスタムソリューションの提供



株式会社For A-careerのツクル事業部は、短期間で多くのノーコード開発実績を持つ企業です。幅広い分野でのサイト制作やEC開発、業務改善のための社内システム、新規事業開発に強みがあります。


強み:

  • 短期間での開発実績

  • 幅広い開発分野への対応

  • コスト効率の高い開発


信頼できるFlutter Flow開発会社の選び方

Flutter Flowでの開発の成功は、適切な開発会社選びがカギを握ります。

以下の点を考慮して選ぶことをお勧めします。


  • 開発実績

信頼できるFlutter Flow開発会社を選ぶ際に最も重要なポイントは、その会社の開発実績です。豊富なプロジェクト経験は、技術的な問題や複雑な要求に対応できる能力を示しています。良い開発会社は、過去の成功事例を通じてその能力を証明し、具体的な事例研究や顧客からの推薦を提供できるべきです。また、多様な業界や規模のプロジェクトに対応しているかも重要なチェックポイントです。開発会社が提供するポートフォリオを詳細に確認し、自社のプロジェクトに合った経験と専門知識があるかを見極めましょう。


ポイント:

・過去のプロジェクトのポートフォリオを確認する

・クライアントのレビューや評価を確認する


  • Flutter Flowの技術知識

Flutter Flowを活用した開発には、Flutterおよびその関連技術に関する深い理解と専門知識が必要です。選定する開発会社は、最新のFlutterのアップデートやトレンドに精通している必要があります。また、実際の開発プロセスでFlutterFlowをどのように活用しているかについても具体的な説明が求められます。そのため、技術面接や事前のコンサルテーションを通じて、その技術力を実際に確認することが重要です。


ポイント:

・開発会社の技術スタックを確認する

・チームメンバーの専門知識や経験を確認する


  • 透明性とコミュニケーション

プロジェクトの成功には、開発プロセスの透明性と効果的なコミュニケーションが不可欠です。開発会社がプロジェクトの進行状況を定期的に報告し、随時フィードバックを求める体制が整っているかを確認しましょう。また、問題が発生した際に迅速かつ適切に対応できるかどうかも重要です。このためには、初期の打ち合わせからプロジェクト管理方法、使用するツールやコミュニケーション手段について具体的に話し合うことが推奨されます。


ポイント:

・定期的なミーティングのスケジュールやコミュニケーションの方法を確認する

・プロジェクト管理ツールや進捗報告の体制を確認する


  •  サポートと保守

開発が完了した後も、継続的なサポートとアップデートが提供されるかどうかは、開発会社を選ぶ上で重要な要素です。信頼できる開発会社は、アプリケーションの保守計画を提供し、技術的な問題が発生した際に迅速に対応できる体制を整えています。また、将来的な拡張やアップグレードの相談にも応じることができるべきです。そのため、契約前にサポートの範囲や条件、追加費用について明確にしておくことが重要です。


ポイント:

・サポート内容と保証期間を確認する

・追加のメンテナンスやサポート費用を確認する


  •   フィット感と文化

最後に開発会社の企業文化や働き方が、自社の価値観やプロジェクトのニーズに合っているかどうかも考慮しましょう。プロジェクトの成功には、開発会社との良好な関係が欠かせません。



Flutter flowでの開発はシースリーレーヴ株式会社にお任せください。

確かな実績から御社にあった開発を致します。





Flutter Flowを使った受託開発会社の料金体系

Flutter Flowを使ったアプリケーション開発を依頼する際、料金体系はプロジェクトの規模や要件、企業のポリシーによって異なります。以下に、一般的な料金体系とそれぞれの特徴について説明します。


1. 時間単価制

特徴:

時間単価制は、開発にかかる時間に応じて料金が発生する方式です。開発会社は、プロジェクトに費やした時間に基づいて請求します。時間単価は開発者のスキルレベルや経験、プロジェクトの複雑さによって異なります。


メリット:フレキシブルな対応が可能、プロジェクトの変更や追加要件にも柔軟に対応できる


デメリット:開発時間が長引くとコストが増加する、明確な予算設定が難しい場合がある


2. 固定報酬制

特徴:

固定報酬制は、プロジェクト全体のコストをあらかじめ決定する方式です。プロジェクト開始前に詳細な要件を確定し、その範囲内で開発を行います。


メリット:

予算管理が容易

クライアントにとって安心感がある


デメリット:

プロジェクトのスコープが変更された場合、追加料金が発生する可能性がある

初期段階での詳細な要件定義が必要


3. 成果報酬制

特徴:成果報酬制は、プロジェクトの成果物に基づいて料金が発生する方式です。特定の成果物やマイルストーンに到達した際に支払いが行われます。


メリット:

成果に基づくため、クライアントは支払いに対する価値を確認しやすい

プロジェクトの進捗管理が容易


デメリット:

開発会社にとってリスクが高い

プロジェクトの遅延が発生した場合、クライアントも影響を受ける



料金体系からの選び方のポイント

受託開発会社の料金体系を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。


プロジェクトの規模と複雑さ:

大規模で複雑なプロジェクトの場合、固定報酬制や成果報酬制が適していることが多いです。


予算管理のニーズ:

予算が厳密に決まっている場合、固定報酬制が適しています。一方、柔軟な対応が求められる場合は時間単価制が良いでしょう。


リスク管理:

クライアントと開発会社のリスクを適切に分散させるため、プロジェクトの特性に応じて最適な料金体系を選びましょう。



まとめ

Flutter Flowのノーコード受託開発会社の選び方について、さまざまなポイントをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。FlutterFlowでの受託開発は、リリース期間短縮や大幅なコスト削減などの様々なメリットがありますが、専門知識や開発経験が不足している会社を選んでしまうと開発がうまく進まないことがあります。


上記記事を参考にして適切な受託開発会社を選ぶことで、開発リスクを最小限に抑えることができます。適切な企業選びをして開発を成功に導きましょう。


Flutter Flowでの開発を検討されている方は是非一度ご相談ください。

業界最大級の開発実績をもつ弊社が御社にあった開発を提案させて頂きます。



ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




Commentaires


20240605-144908.jpg

シースリーレーヴ株式会社

ノーコード・ローコードの開発会社。

Bubble 開発実績日本最大級

Bubbleシルバーエージェンシー受賞

見出しを追加 (2).png
資料ダウンロード.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

bottom of page