top of page
  • 執筆者の写真Kanno

MVP開発とは?基礎的な知識やメリット、開発種類などを徹底解説!


MVP開発とは?基礎的な知識やメリット、開発種類などを徹底解説!

こんにちは、c3reveです!


新規サービスや製品を開発するにあたって、市場で成功するのだろうか…


こちらは誰もが抱く不安です。莫大な時間と費用を投じたにも関わらず、ユーザーに受け入れられず失敗してしまうリスクは、避けたいものですよね。



そこで注目されているのが、


MVP(Minimum Viable Product:実用最小限の製品)開発


という手法です。


本記事では、MVP開発の概念、メリット、注意点、開発プロセス、そしてMVP開発の種類を紹介しながら、成功に導くための戦略ガイドとして、その有効性について詳しく解説していきます。



MVP開発とは?


MVPとは、ユーザーに「コアとなる価値」を提供できる、必要最低限の機能を持った製品やサービスのことです。MVP開発では、この最小限の機能セットを早期に市場に投入することで、ユーザーからのフィードバックを迅速に得ることを目指します。


従来の開発手法では、プロダクトが完成するまでユーザーからのフィードバックを得ることが難しく、市場ニーズとずれが生じてしまう可能性がありました。しかし、MVP開発では、完成版ではなくユーザーにとって最も重要な価値を最小限の機能で実現し、ユーザーに試してもらうことで、開発の方向性を修正したり、新しいアイデアを得たりすることができます。



MVP開発:リーンスタートアップの核となる手法

リーンスタートアップの核となる手法

MVP開発は、起業家のスティーブ・ブランクとエリック・リースによって提唱された「リーンスタートアップ」というマネジメント手法における重要な要素です。


リーンスタートアップは、「構築」「計測」「学習」の3つのサイクルを高速に回すことで、無駄を省き、効率的にプロダクトを改善していく手法です。


1. 構築: 戦略に基づいて、MVPを開発します。

2. 計測: MVPをユーザーに提供し、その反応を様々な指標を用いて計測します。

3. 学習: 計測結果を分析し、次の開発の方向性を決定します。


このサイクルを繰り返すことで、ユーザーニーズに合致したプロダクトを開発することが可能になります。



MVP開発とアジャイル開発:連携によるさらなる効率化

MVP開発とアジャイル開発:連携によるさらなる効率化

MVP開発は、アジャイル開発という開発手法と似ている部分がありますが、両者は異なる概念です。


・アジャイル開発は、開発プロセスを短いサイクルに分割し、柔軟に開発を進める手法です。


・MVP開発は、ユーザーフィードバックを基にプロダクトを改善していく手法です。


アジャイル開発は開発プロセスそのものを効率化するのに対し、MVP開発はプロダクトの開発と検証を効率的に行う手法と言えます。

アジャイル開発とMVP開発を連携させることで、開発プロセスとプロダクト検証を同時に効率化し、さらに迅速な開発と改善が可能になります。



弊社では、アジャイル開発で様々なWebサービスやアプリをノーコード開発しております。


開発事例

詳しい実績はこちら>>>https://www.c3reve.co.jp/works



どんな疑問でも技術スタッフがお答えいたしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。


無料相談


MVP開発のメリット:成功確率を高めるための5つの利点

MVP開発のメリット:成功確率を高めるための5つの利点

MVP開発には、次のようなメリットがあります。



1.低コスト・短期間での開発が可能

全機能を実装する必要がないため、開発費用と時間を大幅に削減できます。


2.ユーザーニーズを早期に検証できる

早期にユーザーフィードバックを得ることで、開発の方向性を修正し、ユーザーニーズに合致したプロダクトに進化させることができます。


3.市場の変化に迅速に対応できる

ユーザーフィードバックを反映することで、常に変化する市場ニーズに対応したプロダクトに進化させることができます。


4.早期収益化が可能

必要な機能だけに絞って開発するため、迅速にプロダクトをリリースし、早期に収益化につなげることができます。


5.失敗のリスクを最小限に抑える

早期にユーザーフィードバックを得ることで、間違った方向に進んでいる場合でも軌道修正が可能です。



MVP開発を行う際の注意点:成功のための3つのポイント

MVP開発を行う際の注意点:成功のための3つのポイント

MVP開発には、成功させるためのいくつかの注意点があります。


1.目的(ビジョン)に応じた戦略を明確に決めておく

顧客分析を行い、本当に必要な機能を特定し、無駄な機能を排除することが重要です。


2.機能は過不足なく実装する

顧客に価値を提供できる必要最低限の機能を実装し、過剰な機能は避けましょう。


3.方針転換は大胆に決定する

ユーザーフィードバックに基づいて、開発の方向性を柔軟に変更する勇気を持つことが大切です。



MVP開発のプロセス:ステップバイステップで成功へ

MVP開発のプロセス:ステップバイステップで成功へ

MVP開発は、以下のプロセスで進行します。


1.仮説設定

ターゲットユーザー、提供する価値、解決する課題などを明確に定義します。


2.機能選定

MVPに搭載する必要最低限の機能を決定します。


3.開発

選定した機能を実装し、プロトタイプを作成します。


4.検証

ユーザーにプロトタイプを試してもらい、フィードバックを収集します。


5.改善

フィードバックに基づいて、プロトタイプを修正したり、新たな機能を追加したりします。



MVP開発の種類:状況に応じた最適な手法を選択

MVP開発の種類:状況に応じた最適な手法を選択

MVPには、様々なタイプがあります。



・スモークテスト

ユーザーの関心を引きつけるための動画やプレオーダーサイトを作成し、需要を確認します。


・モックアップ

プロダクトの見た目のみを作成し、デザインやUI/UXを検証します。


・オズの魔法使い

システムを実際には実装せず、担当者が裏で操作することで、システムが動いているように見せかけます。


・コンシェルジュ

全ての手順を手作業で行い、ユーザーとのコミュニケーションを通して意見を収集します。


・コンビネーション

既存のサービスを組み合わせることで、新しいサービスを開発します。


・プロトタイプ

ユーザーの反応を見るために、最小限の機能を実装した試作品を作成します。



まとめ:MVP開発で効率的に成果をあげよう

MVP開発は、新規サービスや製品の成功確率を高めるための有効な手法です。低コスト・短期間で開発を行い、ユーザーフィードバックを迅速に得ることで、市場ニーズに合致したプロダクトに進化させることができます。


ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!

ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!

シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。

お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。

どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。


技術スタッフがご相談させて頂きます!

無料相談

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。


ノーコード開発資料ダウンロード



最後まで読んでいただきありがとうございました!

Comments


20240605-144908.jpg

シースリーレーヴ株式会社

ノーコード・ローコードの開発会社。

Bubble 開発実績日本最大級

Bubbleシルバーエージェンシー受賞

見出しを追加 (2).png
資料ダウンロード.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

bottom of page