top of page
  • 執筆者の写真Tachibana

ノーコードで作るMVPのメリットとデメリット

更新日:2023年12月7日




ノーコード開発とは

ノーコード開発とは、コードを書かない開発、つまりプログラミングの知識がなくても、アプリやwebサービスを開発できることを指します。従来のアプリ開発やwebサービス開発は、プログラミングスキルが必要であったため、一般のビジネスパーソンには敷居が高いものでした。しかし、ノーコード開発ツールの登場により、プログラミングスキルがなくても簡単にアプリやwebサービスを開発することができるようになりました。


ノーコード開発は、専用のソフトウェア・ツールを使用して行います。

ツールによっては、ドラッグ&ドロップ方式でコンポーネントを配置することができるため、プログラミングの知識がなくても簡単に開発が可能です。

また、ノーコード開発ツールを使うことで、開発時間が短縮され、コスト削減ができるというメリットがあります。


例えば、レストランの予約システムを開発したい場合、従来であればプログラマーに依頼する必要がありました。しかし、ノーコード開発ツールを使えば、ドラッグ&ドロップでコンポーネント(ソフトウェア開発において再利用可能な部品、ボタンやテキストボックスなど)を配置するだけで、簡単に予約システムを作成することができます。






MVPとは

MVP(Minimum Viable Product)とは、新しいアイデアやサービスを市場に投入する前に、最小限の機能を備えた初期版をリリースすることです。最初にリリースするのは機能が限られた簡単なバージョンで、その後、ユーザーからのフィードバックを取り入れながら、徐々に機能を追加していきます。


MVPをリリースすることで、市場での需要や受け入れ可能性を評価し、顧客のニーズに応えた製品を開発するためのデータを得ることができます。また、製品の開発に必要なコストや時間を節約することができます。


例えば、自分が開発したアプリケーションをMVPとしてリリースする場合、最小限の機能を備えたバージョンをリリースし、ユーザーからのフィードバックを取り入れながら、機能を改善・追加していきます。これにより、ユーザーのニーズに応えた製品を開発し、市場での競争力を高めることができます。


MVPは、ベンチャー企業がよく利用する手法の一つであり、成功するためには市場調査やユーザーからのフィードバックの取得などが重要です。




ノーコードでMVPを作るメリット


ビジネスアイデアを形にするためには、まずMVP(Minimum Viable Product)を作ることが重要です。しかし、一般的にMVPを作るためには多くの時間やお金が必要とされます。そこで、最近注目を集めているノーコード開発を利用すれば、手軽に低コストでMVPを作ることができます。本記事では、ノーコードでMVPを作るメリットについて解説します。


  • 低コスト・ハイスピードで開発できる

MVPの目的は、市場での需要やユーザーの反応を評価し、改善点を見つけることです。ノーコードでMVPを作成することで、低コストで簡単かつ迅速に試作を作成することができます。プログラミングのスキルがなくても、ビジネスアイデアを実現することができるため、起業家やスタートアップ企業にとって、市場での需要を評価するための投資コストを低減することができます。


また、ノーコードでMVPを作成することで、エンジニアリソースをより重要なタスクに集中することができます。エンジニアはより複雑な技術的問題を解決することに集中することができ、ビジネス目標を達成するためにより戦略的な方法で活用することができます。


さらに、ノーコードでMVPを作成することで、マーケティングやプロモーションのための時間と予算を削減することができます。リリースまでの時間を短縮することができるため、早期に市場での需要を把握し、より良いビジネスモデルを探求するための余裕を作ることができます。


以上のように、ノーコードでMVPを作成することによって、開発のコストと時間を大幅に削減することができ、より戦略的なリソースの活用と市場での需要を評価するためのリスクマネジメントが可能になります。


  • 簡単に修正・機能追加ができる

ノーコードでMVPを作ることで、ユーザーからのフィードバックを取り入れながら機能を追加するというアジャイル開発に適した環境が整います。アジャイル開発では、開発サイクルを短くし、早期にユーザーからのフィードバックを取り入れることが重要とされています。ノーコード開発では、コーディングの必要がなく、インターフェースをドラッグ&ドロップするだけで簡単に機能を追加できるため、迅速かつ柔軟な開発が可能です。また、ユーザーからのフィードバックを取り入れるために、プログラマーが中心となる開発チームを組織する必要がなく、ビジネスサイドが主導権を握って開発を進めることができます。これにより、ユーザーのニーズに合わせたアプリケーションを開発することができます。


例えば、ノーコード開発ツールを利用して作成したアプリで、ユーザーから「この機能が欲しい」「ここのデザインが見づらい」といったフィードバックを受けた場合、プログラマー不要でその修正や改善を行うことができます。そのため、ユーザーの要望に迅速に対応し、製品の改善を継続的に行いながら、より良い製品を開発することができます。


また、ノーコードで作成したMVPを、実際のユーザーにテストしてもらうことで、より効果的な改善点を把握することができます。これにより、より的確な改善を行うことができ、より高いユーザー満足度を実現することができます。




ノーコードでMVPを作るデメリット


制限された機能

ノーコード開発ツールには、ある程度の制限があります。特定の機能やデザインを実現するためには、カスタムコーディングが必要になる場合があります。また、複雑な機能を実現するためには、ノーコード開発ツールを組み合わせる必要があるため、やや複雑な場合もあります。


  • カスタマイズの限界

ノーコード開発ツールで作成されたアプリは、カスタマイズの余地が限られている場合があります。特定のニーズに合わせてカスタマイズすることができないため、ビジネスが拡大するにつれて、アプリを改善するためにノーコード開発ツールを超えてカスタムコーディングをする必要が生じる場合があります。


  • ベンダーロックイン

ノーコード開発ツールを利用してアプリを作成する場合、そのツールに依存することになります。ツールの提供元がビジネスをやめる場合、ツール自体がアップグレードされない場合、またはカスタマイズが必要な場合には、問題が発生する可能性があります。ノーコード開発ツールに依存することで、ベンダーロックインと呼ばれるリスクが生じることがあります。




まとめ

本記事では、ノーコードでMVPを作るメリットとデメリットについて解説しました。


ノーコード開発は、プログラミングの知識がなくても、簡単にWebアプリやモバイルアプリを作成できる開発手法です。特にMVPの開発には、低コストで簡単にアイデアを形にできる、スピード感を持って開発できるなどのメリットがあります。


しかし、ノーコード開発にはデメリットも存在します。機能が限られる、カスタマイズが難しい、スケーラビリティに課題があるなど、注意すべき点があります。


今後のノーコード開発の展望を考えると、ノーコード開発はさらに発展していくことが予想されます。今後は、より高度な機能を持つノーコードツールが登場することや、プログラマーがより専門的な作業に注力できるような開発プロセスが進化することが期待されます。


企業がノーコード開発に取り組む際には、アイデアの検証を怠らず、セキュリティやカスタマイズの範囲についても十分に理解した上で取り組むことが大切です。MVPの開発にノーコード開発を取り入れることで、短期間で市場に投入し、効率的にビジネスを展開することが可能となるでしょう。



ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




Comments


資料ダウンロード.jpg

ノーコードに関するお役立ち資料をご用意しました。

ぜひご活用ください。

☑︎ノーコード開発ツールアプリケーション開発事例集

☑︎新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

☑︎ローコード/ノーコード開発のセキュリティ対策

☑︎誰でもわかる!ノーコードとローコード

開発実績バナーFIX.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

カテゴリー
bottom of page