top of page
  • 執筆者の写真Tachibana

Bubbleを使ったノーコード受託開発会社の選び方をご紹介!メリットやデメリット、料金体系なども解説

更新日:2023年12月7日




Bubbleとは?

今回は、Bubbleというノーコード開発プラットフォームについてお話ししたいと思います。Bubbleは、アプリケーションやウェブサイトをノーコードで作成することができる、初心者でも簡単に扱えるプラットフォームです。


Bubbleは、2012年にニューヨークで創業されました。創業者の1人であるエマニュエル・ストラシュノフは、自身が起業した際にエンジニア不足に悩まされ、その問題を解決するためにBubbleを開発しました。以来、Bubbleは多くの人々に支持され、世界中で使われるようになりました。


Bubbleを使うことで、コーディングの知識がなくても、ビジネスアイデアを具体化することができます。Bubbleは、ビジネスの成長に合わせて拡張可能で、多くの企業やスタートアップが利用しています。


Bubbleは、データベース構築、ユーザーエクスペリエンスの設計、API連携、複雑なワークフローの作成など、幅広い機能を備えています。また、豊富なテンプレートやプラグインが用意されており、開発をスピーディーに進めることができます。


さらに、Bubbleはセキュリティにも配慮されており、データベースやウェブアプリケーションを安全に運用することができます。


最近では、Bubbleが注目を浴びており、多くの企業がBubbleを使ったアプリケーションやウェブサイトを開発しています。また、Bubbleを活用した受託開発会社も増えており、様々なプロジェクトを手がけています。


今後もBubbleは、ノーコード開発のトレンドを牽引する存在として、注目されることでしょう。




選ぶべき受託開発会社の特徴

Bubbleを使ったアプリケーションやウェブサイトを開発する場合、受託開発会社を選ぶことが重要です。しかし、数多く存在する受託開発会社からどのような特徴を持った会社を選ぶべきなのでしょうか?

以下では、選ぶべき受託開発会社の特徴についてご紹介します。


  • Bubble開発経験の豊富な会社であること

Bubbleは比較的新しいノーコード開発プラットフォームであり、経験豊富な開発者が少ないため、開発会社がBubbleの開発経験を持っていることは非常に重要です。Bubbleの特徴を理解し、開発に適したアプローチを持っている会社であることが求められます。そのため、過去にBubbleを使って開発した実績や成功事例があることを確認することが重要です。



bubble開発実績を多く公開している会社例


様々な業界・規模の企業様の開発を行い、日本最大級のノーコード開発実績数があります。 ノーコードを使った開発にはまだ、多くの企業様が不安をお持ちであり、なかなか開発に踏み出せないという実情があります。その不安を払拭して頂く為に、多くの実績を公開しています。

※企業様に了承を得て公開しております。

ベンチャー企業様から上場企業様の開発も行い、また開発しているサービスも、マッチングアプリや社内業務改善、BtoC、BtoB系など、多岐に渡ります。



システム開発・スマホアプリ開発、AR・VR開発専門の会社です。Bubbleをはじめとするシステム開発では、最新テクノロジーを導入しながら常に一歩先を見据え、「革新的なチャレンジ」をモットーとしています。これまでに大手メーカー向けのデジタルサイネージ管理システムやBtoB向け販売管理システムなど、数多くの開発実績があります。




2018年に設立し、わずか2年でノーコードの開発実績が100件を突破するなど、業績問わず多数の開発実績があります。

サイト制作やEC開発はもちろん、業務改善のための社内システムや新規事業開発におけるWebサービス開発なども行います。




  • 開発プロセスの透明性

選ぶべき受託開発会社は、開発プロセスの透明性が高いことが望ましいです。クライアントがいつでも開発の進捗状況を把握できるようにし、スムーズなコミュニケーションを実現することが重要です。例えば、開発のためのプロジェクト管理ツールを使い、タスクや進捗状況、バグの報告などを共有することが望ましいでしょう。また、定期的な報告やミーティングを行うことで、クライアントとのコミュニケーションを密にし、開発プロセスに関する誤解や不安を取り除くことができます。



  • サポート体制が充実している会社であること

Bubbleは、初心者でも簡単に扱えるプラットフォームですが、開発には専門知識が必要な場合もあります。そのため、選ぶべき受託開発会社は、サポート体制が充実していることが望まれます。質問や問題が発生した場合に迅速かつ適切に対応できることが求められます。



  • Bubbleの専門知識と経験

Bubbleを使った開発には、Bubbleの専門知識と経験が必要です。選ぶべき受託開発会社は、Bubbleの機能や仕組みに詳しく、経験豊富な開発者を抱えていることが重要です。また、Bubbleを使った開発には、JavaScriptやHTMLなどのWeb開発言語についての知識も必要です。選ぶべき受託開発会社は、これらの技術にも精通していることが望ましいでしょう。





Bubbleを使った受託開発のメリットとデメリット


Bubbleは、ノーコード開発プラットフォームの中でも、高度な機能を持ちながらも、比較的簡単にアプリケーションを開発できることから、多くの受託開発会社が採用しています。Bubbleを使った受託開発には、以下のようなメリットとデメリットがあります。


メリット

  • 開発期間の短縮

Bubbleを使うことで、コーディングによる開発作業が不要になるため、開発期間を短縮できます。また、既に用意されているテンプレートやプラグインを使うことで、より迅速かつ簡単にアプリケーションを開発できます。


  • コスト削減

Bubbleを使った受託開発では、プログラマーが必要ないため、開発コストを削減できます。また、開発期間が短縮されるため、それに伴うコスト削減効果も期待できます。


  • 柔軟なアプリケーション開発

Bubbleは、様々な種類のアプリケーションを開発することができます。そのため、企業やクライアントの要望に応じた柔軟なアプリケーション開発が可能です。


  • クライアントとのコミュニケーションの改善

開発者とクライアントの間で、コミュニケーションがスムーズに行われるようになります。クライアントは、開発者とのやりとりをより具体的に説明でき、開発者は、より正確な要件を理解し、より迅速かつ正確にアプリケーションを開発できます。



デメリット

  • カスタム開発の制限

Bubbleを使ったアプリケーション開発は、標準機能やプラグインに限定されます。カスタム開発が必要な場合は、他のプログラミング言語や開発プラットフォームを使用する必要があるかもしれません。


  • セキュリティの課題

Bubbleは、ノーコード開発プラットフォームの中でも、セキュリティに対する脆弱性が指摘されています。アプリケーションに重要な情報が含まれる場合や、個人情報などの取り扱いには十分な注意が必要です。セキュリティ対策をしっかりと行い、情報漏洩などのトラブルを回避することが重要です。


  • パフォーマンスの制限

Bubbleを使ったアプリケーション開発では、プラットフォーム上で実行されるため、パフォーマンスの制限があります。特に、大量のデータを処理するアプリケーションや、高負荷のアプリケーションでは、パフォーマンスに課題が生じる可能性があります。


  • ライセンス料の負担

Bubbleを使った受託開発には、ライセンス料が必要となる場合があります。ライセンス料が高額である場合や、長期間にわたって利用する場合は、コスト面での負担が大きくなる可能性があります。また、プロジェクトごとにライセンス料が必要となるため、多数のプロジェクトを同時に進める場合は、ライセンス料の負担が増えることになります。



以上が、Bubbleを使った受託開発のメリットとデメリットです。企業やクライアントがBubbleを採用する際には、メリットとデメリットを考慮した上で、最適な選択を行うことが重要です。




Bubbleを使った受託開発会社の料金体系

Bubbleは、2023年5月現在、新しい料金体系を導入しています。

詳しい新料金プランの説明についてはこちらをご覧ください。




受託開発会社の料金体系の比較と検討ポイント

Bubbleを使った受託開発を検討する際には、受託開発会社の料金体系も重要なポイントの一つとなります。以下に、受託開発会社の料金体系の比較と検討ポイントについて解説します。


まず、受託開発会社の料金体系は大きく分けて以下のようなものがあります。


  1. 時間単価制:開発にかかる時間に応じて、時間単価で請求する制度。

  2. 固定報酬制:プロジェクト全体に対して、あらかじめ定められた料金を支払う制度。

  3. 成果報酬制:成果物の完成に応じて、報酬を支払う制度。

その他の制度:例えば、従量課金制やプロジェクトごとにカスタマイズされた複数の料金体系がある場合もあります。

受託開発会社の料金体系を比較する際には、以下のポイントに注目しましょう。


  • 開発規模による料金体系の適用範囲

受託開発会社によっては、プロジェクト規模によって異なる料金体系を適用する場合があります。例えば、小規模のプロジェクトには時間単価制を、大規模なプロジェクトには固定報酬制を適用する場合などがあります。自社のプロジェクト規模に合わせた適切な料金体系を提供しているかを確認しましょう。


  • 追加費用の有無

受託開発会社によっては、基本料金以外に追加で費用が発生する場合があります。例えば、プロジェクトのスコープ変更や追加要件の実装などが該当します。そのため、追加費用の有無や追加費用に関するルールを確認することも重要です。


  • サポートや保証に関する条件

受託開発会社ごとに、サポートや保証に関する条件は異なります。例えば、一部の会社では無料のテクニカルサポートを提供している場合もありますが、それ以外の問題に対するサポートや保証は有償となる場合があります。また、保証期間や内容も会社によって異なるため、よく確認することが必要です。


受託開発会社を選ぶ際には、サポートや保証に関する条件も比較し、プロジェクトの安定性を確保することが重要です。




実際に受託開発会社を選ぶ際のポイントと注意点


受託開発会社を選ぶ際には、以下のポイントと注意点に注意することが重要です。


  • 評判や口コミを調べる

受託開発会社の評判や口コミを調べることで、信頼性や実績を確認することができます。SNSや口コミサイト、評判サイトなどを利用して、多くの人が評価する情報を収集することをおすすめします。


  • ポートフォリオを確認する

受託開発会社のポートフォリオを確認することで、開発実績や技術力を確認することができます。自社の要件に近いプロジェクト実績があるか、どのようなプロジェクトを手がけているかを確認しましょう。


  • カスタマーサポート体制を確認する

受託開発会社のカスタマーサポート体制を確認することで、トラブル時の対応や問い合わせへの対応力を確認することができます。サポート体制が充実しているか、問い合わせに対するレスポンスや対応速度などを確認しましょう。


  • プロジェクトマネジメント体制を確認する

受託開発会社のプロジェクトマネジメント体制を確認することで、開発プロセスの透明性や納期遅延のリスクを抑えることができます。マネジメントのプロセスやチーム構成、コミュニケーション手段などを確認しましょう。


  • 契約書の確認

受託開発会社との契約書をしっかりと確認することで、納品物や納期、保証期間などを正確に把握することができます。また、納品物に関する品質基準や納品前の検収手続きなども確認しておくことが重要です。



以上のポイントと注意点に加え、実際に受託開発会社との面談を行い、技術的な相談や要件の確認を行うことも重要です。しっかりと調査を行い、信頼できる受託開発会社を選びましょう。




まとめ

ここまでBubbleを使ったノーコード受託開発会社の選び方について、さまざまなポイントをご紹介してきました。Bubbleを使った受託開発は、開発スピードやコスト削減などのメリットがありますが、専門知識や開発経験が不足している場合はデメリットにもなり得ます。


ですが、適切な受託開発会社を選ぶことで、そのリスクを最小限に抑えることができます。Bubbleを専門的に扱い、適切な開発プロセスを持つ会社を選ぶことが大切です。また、料金体系やサポート保証など、契約条件もしっかり確認することをおすすめします。



ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




Comments


資料ダウンロード.jpg

ノーコードに関するお役立ち資料をご用意しました。

ぜひご活用ください。

☑︎ノーコード開発ツールアプリケーション開発事例集

☑︎新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

☑︎ローコード/ノーコード開発のセキュリティ対策

☑︎誰でもわかる!ノーコードとローコード

開発実績バナーFIX.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

カテゴリー
bottom of page