top of page
  • 執筆者の写真Tachibana

【2023年版】ノーコードツールBubbleとは?Bubble新料金や成功事例、メリット・デメリットを紹介

更新日:2023年12月7日



ノーコード開発とは?

ノーコード開発とは、コードを書かない開発、つまりプログラミングの知識がなくても、アプリやwebサービスを開発できることを指します。

従来のアプリ開発やwebサービス開発は、プログラミングスキルが必要であったため、一般のビジネスパーソンには敷居が高いものでした。しかし、ノーコード開発ツールの登場により、プログラミングスキルがなくても簡単にアプリやwebサービスを開発することができるようになりました。


ノーコード開発は、専用のソフトウェア・ツールを使用して行います。

ツールによっては、ドラッグ&ドロップ方式でコンポーネントを配置することができるため、プログラミングの知識がなくても簡単に開発が可能です。

また、ノーコード開発ツールを使うことで、開発時間が短縮され、コスト削減ができるというメリットがあります。


例えば、レストランの予約システムを開発したい場合、従来であればプログラマーに依頼する必要がありました。しかし、ノーコード開発ツールを使えば、ドラッグ&ドロップでコンポーネント(ソフトウェア開発において再利用可能な部品、ボタンやテキストボックスなど)を配置するだけで、簡単に予約システムを作成することができます。


ノーコード開発ツールには、いくつか種類がありますが、主なものとして「Bubble」「Webflow」「Airtable」「Adalo」「Thunkable」などがあります。それぞれ特徴が異なるため、使用目的に合わせて選ぶ必要があります。



Bubbleとは?


Bubbleとは、ノーコード開発プラットフォームの1つで、Webアプリケーションを開発するためのツールとして、誰でも簡単にWebアプリケーションを構築できます。 特に初心者にとっては非常に使いやすく、シンプルで分かりやすいドラッグ&ドロップエディターを備えています。

開発者は、データベースのテーブル、フィールド、ワークフロー、UIなど、アプリケーションの構成要素を追加するだけで、Webアプリケーションを簡単に構築することができます。


さらに、開発者が利用可能な多数のプラグインを提供しており、これらのプラグインを使用すると、StripeやTwilioなどのさまざまな外部サービスと簡単に連携することができます。また、APIエンドポイント(Web APIにアクセスするために必要なURLやURI)を介して、データを外部のアプリケーションと共有することもできます。


他にも、ビジネスプロセスやワークフローを自動化するためのWebアプリケーションを構築することができるという特徴があります。さまざまなアプリケーションを作成するための多数の機能があり、顧客管理、予約システム、オンラインマーケットプレイスなどのアプリケーションを簡単に構築することができます。


ユーザーが自分のWebアプリケーションを簡単に公開できるように、豊富なデプロイメントオプションを提供しており、独自のドメイン名を使用しSSL証明書を提供するため、セキュリティに対する懸念も解決することができます。




Bubble開発実績

弊社でもBubbleを使用したサービスを多数開発しております。以下のノーコード開発事例でいくつかご紹介します。


  • Kifto(キフト) 〜「NFT×寄付」これまでにない、新たな寄付の形〜

非営利団体の活動写真を登録し寄付をして下さった方にNFT写真として返礼ができる、これまでの「いただく」寄付とは違った新しい寄付サービスです。

非営利団体として活動している事業者様がKiftoへ参加いただき日々の活動の報告を行い、その活動を応援したいと思っている人や、想いに共感した人が支援者として寄付を行います。

支援者は、この寄付に対してお礼としてあらかじめ作成されたリターンNFT画像を受け取ることができます。


開発期間:2.5ヶ月



  • 小比類巻道場オンライン 〜オンラインでキックボクシング!〜

小比類巻貴之による、オンラインでキックボクシングの昇級審査やレッスンが受けられるファンコミュニティサイトです。今までになかったキックボクシングの昇級審査が受けられる他、基礎から応用まで学べるトレーニング動画や、小比類巻貴之から直接オンライン指導を受けられるイベントなど様々なコンテンツをお楽しみ頂けます。

また、格闘技ファンの方同士で交流できる掲示板もあり、小比類巻貴之に直接質問出来るコーナーもあります。


開発期間:2.5ヶ月



  • kitene 〜「SNS×採用」で気軽に採用ができる!〜

Twitter採用が気軽に出来る「募集・応募・採用」サービスです。以前Twitter採用で話題になっていた「Bosyu」というサービスに似たサービスになります。

SNSで共有した場合に表示される画像(OGP画像)や応募者とのやり取りなども全てノーコードで開発しております。なお、ノーコードの普及のために、このサービスは無料で提供しています。


開発期間:1ヶ月


  • Twinq(ツインク) 〜SNSを使って簡単投票!〜

写真を使って二択の質問を投稿、ワンタップで回答ができる投票サービスです。

2022年3月にリリースし、わずか1ヶ月で登録者は800名(4月6日時点)を超えています。

SNSで共有した場合に表示される画像(OGP画像)や、投稿者の属性毎のグラフなども全てノーコードだけで作成しています。


開発期間:1ヶ月



【2023年改定後最新版】Bubbleの料金体系・どう変わった?


高い機能性と拡張性、カスタマイズ性から多くのユーザーから支持されているBubble。2023年5月より新体制となり、プランや価格が変わることが発表されました。

本項目では、新体制後のプラン毎にできること、できないことをご紹介します。



プラン別料金

​プラン

Free

Starter

Growth

Team

Custom

​Agency

月額

$0

$32

$134

$399

要問合わせ

$85

年額

$0

$29/月

$119/月

$349/月

要問合わせ

$78/月


プラン別機能

プラン

Free

Starter

Growth

Team

Custom

​Agency

​APIコネクター

コンポーネントライブラリ

​本番環境へのアクセス

×

カスタムドメイン

×

​ワークフローのスケジュール実行

×

月単位

日単位

日単位

要問合わせ

要問合わせ

​bubbleロゴ

あり

なし

なし

なし

なし

なし

アプリエディター

1

1

2

5

5

2

カスタムブランチ

1

1

10

25

50以上

10

ワークロードユニット/月

50,000

175,000

250,000

500,000

無制限

150,000


Free

Starter

Growth

Team

Custom

​Agency

​サーバーログ

​6時間

2日

14日

20日

無制限

2日

CSVのインポート/エクスポート

×

バージョン管理

×

基本

プレミアム

プレミアム

プレミアム

プレミアム

サブアプリ

×

×

×

-

二段階認証

×

×

ファイルストレージ

0.5G

10G

20G

​50G

要問合わせ

要問合わせ

サポート

コミュニティ

Eメール

Eメール

Eメール

Eメール

優先サポート

パスワード保護

テスト環境のみ

テスト環境+本番環境

テスト環境+本番環境

テスト環境+本番環境

テスト環境+本番環境

テスト環境+本番環境

データのバックアップと復元

×

過去7日間

過去30日間

過去365日間

無制限

要問合わせ

※2023年4月21日時点での公式にて公開されているプラン内容です。後日変動の可能性があるため、詳しくは引用:https://bubble.io/pricingをご確認ください。



  • 選べるプランが増えた

値上げしたとはいえ、プランがより細かくなったため、より自分に合ったプランを選択することができるようになりました。

​Free

個人でサービスを始めたい、bubbleの使い方を学びたい方に最適

Starter

早期のMVPやシンプルなツールを使ったアプリなどをリリースしてテストするために最適

Growth

複雑な機能を持つ消費者向けプロジェクトなど、ユーザーベースを増やすために最適

Team

高い使用量を持つスケーリングプロジェクトなど、チームとビジネスを拡大するために最適

Custom

機密データを持つエンタープライズプロジェクトなど、企業向けのセキュリティレベルやスケールに最適


  • Freeプランでもできることが増えた

バージョンバックアップやデータベースバックアップ、サーバーログの保存期間延長などFreeプランがさらに充実しました。


しかしながら、本番環境へのアクセスや独自ドメインの利用ができないため、本格的にサービスとして利用する場合は有料プランの契約が必須となってきます。

プランはいつでも変更できるので、無料プランで開発を行い、本番リリースの際に有料プランに切り替えることもできます。

※プラン変更をすると、新しいプランの機能はすぐに利用でき、金額は日割り計算、利用していない以前のプランの料金は日数分返金となります。



  • ワークロードの上限数ができた

ワークロードとはアプリが処理するデータやアクションの総量を表す単位です。プランによってワークロードユニットの制限が異なるため、自分のアプリに必要な処理量に合わせてプランを選択する必要があります。




Bubbleのメリット・デメリット

続いて、Bubbleのメリット、デメリットをご紹介します。



Bubbleのメリット

  • コードを書かなくてもアプリ開発ができる

Bubbleは、コードを書くことなく、ドラッグアンドドロップでアプリ開発ができるノーコード開発ツールです。プログラミングの知識がなくても、直感的にアプリを作成することができます。

  • 開発スピードが速い

Bubbleを利用することで、コーディングに時間をかけることなく、簡単にアプリを作成することができます。アプリ開発にかかる時間やコストを大幅に短縮することができます。

  • 機能豊富なコンポーネントが用意されている

Bubbleには、様々な機能を持ったコンポーネントが用意されています。これにより、アプリを作成する際に必要な機能を手軽に追加することができます。

  • アプリの更新や改善が容易

Bubbleで作成したアプリは、ノーコード開発であるため、修正や改善が簡単に行えます。アプリの改修や機能追加など、すばやく対応できます。


  • 価格が手頃

Bubbleは、無料プランから利用できます。機能を追加する場合は、プランをアップグレードすることで追加できますが、プランによって価格帯も幅広く、自分の予算に合ったプランを選ぶことができます。




Bubbleのデメリット

  • カスタマイズが難しい

Bubbleに用意されているコンポーネントを使用することでアプリを作成できますが、それ以外のカスタマイズは難しい場合があります。特定の機能を実現するためには、プログラミングの知識が必要な場合があります。


  • 複雑なアプリには向かない

Bubbleは、シンプルなアプリから中規模のアプリまで幅広く対応できますが、複雑なアプリや大規模なアプリには向いていません。多数のユーザーを処理する場合や、高度な機能を必要とする場合には、別の開発方法を採用する必要があります。

  • セキュリティに注意

Bubbleを含めたノーコード開発ツールは、自己責任でセキュリティを確保する必要があるため、注意が必要です。セキュリティ対策をきちんと行わないと、重要な情報が漏洩する可能性があります。





まとめ

最近注目を集めているノーコード開発ツール「Bubble」について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?


Bubbleは、プログラミングの知識がなくても、簡単にWebアプリケーションを開発できるツールです。これまでプログラミングの壁に阻まれていた人々にとっては、まさに夢のような存在といえるでしょう。


Bubbleの特徴は、ドラッグアンドドロップ式のエディターを使った直感的な開発ができること、膨大な数のプラグインをサポートしていること、APIの連携がしやすいこと、そして豊富なデザインオプションがあることです。


また、料金体系も自分に合わせた選択肢があるため、初めての方でも気軽に試すことができます。


ただし、セキュリティ面には注意が必要です。APIキーの扱いや、サーバーへのアクセス制限の設定など、しっかりと確認しておくことが重要です。


ノーコード開発ツールは今後ますます重要になっていくことでしょう。そうした中でもBubbleは、使いやすさ、機能性、拡張性という面で、優れたツールといえます。ぜひ、今後のWebアプリケーション開発の選択肢として、注目してみてください!



ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!











Kommentare


資料ダウンロード.jpg

ノーコードに関するお役立ち資料をご用意しました。

ぜひご活用ください。

☑︎ノーコード開発ツールアプリケーション開発事例集

☑︎新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

☑︎ローコード/ノーコード開発のセキュリティ対策

☑︎誰でもわかる!ノーコードとローコード

開発実績バナーFIX.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

カテゴリー
bottom of page