top of page
  • kokimizuochi

ノーコードを受託開発するメリットは?おすすめの受託開発会社8社や受託先の選び方

更新日:2023年12月7日

業務プロセス改善やDX化、アプリケーション開発など、さまざまな目的でノーコード開発を検討している方は多いのではないでしょうか。


ノーコード開発は手軽に開発が行える手法ではあるものの、高度なWebシステムを開発するとなると、プログラミングに関する知識やスキルが必要になります。


開発にかかるコストを抑えつつ、ハイスピード・ハイクオリティなシステムを開発するなら、ノーコードの受託開発がおすすめです。


当記事では、ノーコードを受託開発するメリットや受託開発会社の選び方について解説します。おすすめの受託開発会社も紹介するので、ぜひ参考にしてください。


ノーコード開発とは


ノーコード開発とは

ノーコードとは、コードを記述せずにアプリケーションやシステムを開発する手法です。


通常のシステム開発では、システムの設計を行ったうえで、コーディング作業をして開発を進めていく必要があります。


一方でノーコードは、ドラッグ&ドロップの簡単な操作のみで開発できるため、プログラミングの知識やスキルがなくても開発が可能です。


■ノーコード開発のメリット

  • ​非エンジニアでも開発できる

  • 開発コストを抑えらえる

  • 開発・改善のスピードが速い

従来のプログラミングに比べて、圧倒的に開発コストを抑えられるほか、運用において修正や改善が必要になった場合でも、迅速に対応することができるメリットがあります。


ノーコードを受託開発する3つのメリット


ノーコードを受託開発するメリットには、おもに以下の3つがあります。


  • 高度なWebシステムを開発できる

  • 開発スピードが速い

  • 開発コストを抑えられる


ここでは、それぞれメリットについて解説します。


高度なWebシステムを開発できる


ノーコード開発は、誰でも簡単に開発できると言われている手法ですが、一概にそうとは言えない一面があります。


ノーコードでクオリティの高いシステムを構築するには、ある程度プログラミングの知識やスキルが必要になってくるためです。


ノーコードの受託開発を提供している会社に依頼すれば、高度なWebシステムの開発が実現できるでしょう。


また企画や運用段階でサポートしてくれる会社であれば、より自社に最適で長く使い続けられるシステム開発が叶います。


開発スピードが速い


ノーコードは比較的速いスピードで開発が行える手法ではあるものの、開発経験のない方が0から企画し開発する場合、多くの時間がかかります。


また高度なWebサービスを開発するとなると、想定以上に時間がかかり、結果的に開発期間が伸びてしまうケースも想定できるでしょう。


ノーコード受託開発会社であれば、企画段階からサポートし、あらかじめ設定した納期通りに開発を進めてもらえるため安心です。


シースリーレーヴでは、最短1ヶ月の圧倒的な短納期でシステムを開発できるため、開発期間を大幅に削減したい方はぜひご相談ください。


開発コストを抑えられる


従来のシステム開発では、開発費用に数百~数千万円ほどのコストがかかることもあります。


一方ノーコードの受託開発であれば、企画からデザイン、開発、運用すべてのサポートを含めて、数十万~数百万円程度で依頼可能です。


これまでの実績やノウハウをもとにサポートするため、自社で開発するよりもトータル的に費用対効果が高いといえるでしょう。


誰でもわかる!ノーコードとローコード

おすすめのノーコード受託開発8社


おすすめのノーコード受託開発8社

ノーコードの受託開発を検討するにあたって、どのような会社を選ぶべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。


ここからは、おすすめのノーコード受託開発会社を5社紹介します。


1. シースリーレーヴ株式会社


シースリーレーヴ株式会社は日本最大級のノーコード受託開発会社です。


ノーコード開発における数々の実績があり、代表的なノーコードツール「Bubble」の正規代理店としても認定されています。


低コスト&ハイスピードでありながら、従来のシステム開発に劣らないハイクオリティな開発が可能です。


開発のみならず、企画・デザイン・開発・運営まですべて一貫してサポートできるため、複数社とやり取りする手間やコストも削減できます。


これまでBubbleで開発したサービスの実績・事例は、こちらからご確認ください。


以下の資料では、ノーコード開発ツールによるアプリケーションの開発事例の詳細をお伝えしています。


  • ノーコードの基礎知識の紹介

  • ノーコードの開発事例10選


弊社シースリーレーヴの開発事例も含めてご紹介しています。今後ノーコードでの開発をご検討中の方はぜひご参考ください。

ノーコード開発ツールによるアプリケーション開発事例集

2. NoCodeJapan株式会社


Nocode Japan株式会社では、起業・新規事業に特化したノーコードプラットフォーム「Click」を提供しています。


開発・運用・分析に役立つ機能が豊富に備わっており、事業フェーズに合わせてさまざまな機能や運用サポートを行えるほか、誰でも簡単にアプリ制作が可能です。


マネタイズ機能も搭載されており、開発したアプリから収益化することもできます。ノーコードツールには珍しく、Clickを用いたノーコード開発およびコード開発などの受託開発にも対応している会社です。


3. Swooo(合同会社ゼロイチスタート)


Swoooは、合同会社ゼロイチスタートが提供する、ノーコード開発に特化したシステム開発受託サービスです。


ノーコード・ローコードによる開発やMVP開発、社内ツール開発、BtoBツールなど、幅広いシステム開発に対応しており、豊富な実績・事例があります。


フルカスタマイズのデザインにも対応しており、最短1ヶ月でシステムを開発・展開・リリース可能です。


社内の業務システム開発や、事業ニーズの検証に時間をかけられない新規事業など、幅広い開発に活用できます。


4. ツクル事業部


ツクル事業部は、ノーコード・ローコード開発からフルスクラッチ開発まで、幅広いシステムの受託開発を提供する会社です。


Webサイト制作・EC開発・業務改善のための社内システム・新規事業開発におけるWebサービス開発など、幅広いシステムに対応可能です。


ツクル事業部では、単なるシステム開発にとどまらず、新規事業の開発と拡大を見据えて、プロダクト開発をサポートします。


具体的なKPI・KGIを設定して、さまざまな提案をしっかり行いながらシステムを構築することが強みです。


5. 株式会社STOVE


株式会社STOVEでは、クラウドやOSSの活用×高速開発手法×自社開発の高機能フレームワークを組み合わせた、システム開発と運用を提供しています。


最短1週間でデモ画面を開発することで、UIを含めた完成後のイメージを鮮明にし、より使いやすく理想に合ったシステム開発が可能です。


また業務を深く理解するためにも、必要に応じて現場を見学・ヒアリングすることで、より実用的なシステム開発を可能にしています。


同社が提供する「CORE Framework」では、生産管理システムや商品管理システムなどをはじめとする、業務デジタル化のさまざまな実績・事例があります。


6. 株式会社ノーコード


株式会社ノーコードでは、Webサイト制作・アプリ開発・システム開発など、幅広いノーコード受託開発を提供しています。


新規事業の立ち上げにも対応しており、企画の立案・開発・運用まで一貫したトータルサポートが可能です。


開発のみならず、導入までのサポートや社内研修の企画・実施など、自社のノウハウをもとに、企業や開発内容に合ったノーコードツールを提案します。


7. ファウンダーズ株式会社


ファウンダーズ株式会社では、自社開発したノーコードツール「ZeroOne」を提供しています。


非エンジニアでも抵抗なく利用でき、ノーコードによる内製化やさまざまなAPI連携によるDX化を実現可能です。


またZeroOneを活用したノーコードにおける受託開発も承っています。


8. タカコーホールディングス株式会社


タカコーゴールディングス株式会社では、システム開発の提案・受託開発を提供しています。


ヒアリングの際に、「品質・コスト・納期」のどれに重きを置いているかを確認し、それぞれの要望に対応できるよう具体的な開発方法を提案。


たとえば、コスト重視の場合、ノーコードやローコードでの受託開発を提案します。納期を重視する場合は、工程のスケジュールを細かく確認し、納期決定を行う流れです。


ノーコードを受託開発する会社選びのポイント


ノーコードを受託開発する会社選びのポイント

ノーコードに限らず、システム開発のクオリティは開発者に大きく影響されます。そのため、豊富な実績を持つ、信頼性の高いシステム会社に依頼することが重要です。


ノーコードの受託開発会社を選ぶ際は、以下のポイントをチェックしましょう。


  • 開発ツールを確認する

  • 信頼性の高い会社に依頼する

  • 開発実績・事例をチェックする


ここでは、それぞれのポイントについて解説します。


開発ツールを確認する


ノーコードは、利用するツールによって搭載できる機能が変わってきます。


必要な機能を実装できるかどうかに関わるため、依頼したい会社がどのようなツールを利用して開発するのかをチェックしましょう。


最も代表的なツール「Bubble」は、開発の自由度が高く、柔軟な開発が行えます。Bubbleを利用しているシステム会社であれば、幅広いシステム開発に対応できるでしょう。


信頼性の高い会社に依頼する


すべてのシステム開発に言えることですが、開発したシステムのクオリティは、開発者に大きく影響されます。


またノーコードで扱うデータには、企業や社外の機密情報が含まれていることもあるでしょう。そのため、セキュリティの面から見ても、信頼性が高い会社に依頼することが重要です。


シースリーレーヴ株式会社は、Bubbleの正規代理店として認定されているため、安心してご依頼いただけます。


開発実績・事例をチェックする


依頼をする前に、これまでの開発実績や事例を確認しましょう。


イメージに合った開発ができるか、どのような機能が搭載できるかなど、開発のイメージに役立てられます。


シースリーレーヴ株式会社の開発事例はこちらからご確認いただけます。


まとめ


ノーコードを受託開発することで、低コスト・ハイスピードで高度なWeb開発が実現できます。


受託開発を依頼する会社を選ぶときは、開発実績や利用ツールを確認したうえで、信頼性の高いシステム会社に依頼しましょう。


ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Comments


資料ダウンロード.jpg

ノーコードに関するお役立ち資料をご用意しました。

ぜひご活用ください。

☑︎ノーコード開発ツールアプリケーション開発事例集

☑︎新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

☑︎ローコード/ノーコード開発のセキュリティ対策

☑︎誰でもわかる!ノーコードとローコード

開発実績バナーFIX.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

カテゴリー
bottom of page