top of page
  • kokimizuochi

ノーコード開発は難しい?できること・できないことや難易度別のおすすめツールを紹介

更新日:2023年12月7日

ノーコードは、海外を中心に日本企業でも多く取り入れられ始めている開発手法です。


プログラミングの知識やスキルがなくてもシステム構築ができるため、IT人材不足の解消やDX化、社内のワークフロー改善につながります。


「誰でも簡単に開発できる」と言われているノーコード開発ですが、Web開発=難しいというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。


当記事では、ノーコード開発のメリットやできること・できないこと、ツールの選び方について解説します。目的・難易度別のおすすめノーコードツールについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。


ノーコードとは?難しいの?


ノーコード開発

ノーコードとは、ソースコードの記述なしでプログラムを組むことができる開発手法のことです。


通常のWeb開発では、さまざまなプログラミング言語を用いてソースコードを打ち込み、コーディングを行う必要がありました。


ノーコードツールを使用することで、専門的なスキルや知識がない非エンジニアの場合でも、システム構築することが可能です。


身近な例ではExcelやスプレッドシートもノーコードの一種で、PowerPointのようにドラッグ&ドロップするだけの簡単な操作だけで、開発が行えます。


ノーコードでできること・できないこと


ノーコードはおもに、アプリ開発やWebサイト制作、業務効率化ツールなど、さまざまな目的で活用されています。


開発ツールによってできることが異なり、WebアプリだけでなくAndroid・iOS向けのネイティブアプリを開発することも可能です。


一方ノーコード開発では、以下のような開発は難しいといわれています。

  • ​大規模で複雑なアプリ開発

  • 独自システムの開発

  • 読み込み速度が高速なアプリ開発

  • 特化してない領域の開発

複雑すぎるアプリ開発や、唯一無二の独自システムを開発したい場合は、ノーコード開発は不向きといえます。


しかし、近年ではノーコード開発も進化しており、より高度なWeb開発も行えるようになりました。


またノーコードで開発したシステムは、あくまでページの読み込みが多少遅くなるだけで、致命的な遅さを感じることはありません。


ノーコード開発は、ツール内で特化していない領域には対応していないため、ツールの目的に沿って利用する必要があります。


誰でもわかる!ノーコードとローコード

ノーコードのメリット


ノーコード開発のメリットは、おもに以下の3つがあります。


  • 知識や経験が不要

  • コストを抑えられる

  • 開発や修正スピードが速い


ここでは、それぞれのメリットについて解説します。


知識や経験が不要


ノーコード開発では、テンプレート活用やドラッグ&ドロップで、直感的なシステム開発を可能にしています。


プログラミングの知識や経験がなくても開発が行える点は、ノーコードツールの大きなメリットです。


プログラミング言語を学習したりIT人材を確保したりする必要がなく、エンジニアに発注する手間がかかりません。


コストを抑えられる


ノーコードは、開発費用を大きく抑えられるメリットがあります。


通常のWeb開発では数十万〜数百万円、規模によっては数千万円のコストがかかります。


一方でノーコードであれば、数万円~数十万円程度で高度なアプリを開発できるため、開発にかかる費用をかなり少なくできるのです。


開発や修正スピードが速い


ノーコードはコードを書かなくてよいため、開発からリリースまでのスピードが速い点もメリットです。


システムを利用するユーザーが直接開発に携われるため、エンジニアに発注する必要がなく、時間やコスト、工数の削減につながります。


またアプリの開発後、修正や改善が必要になった場合でも、スピーディーに対応可能です。


以下の資料では、ノーコード開発ツールによるアプリケーションの開発事例の詳細をお伝えしています。


  • ノーコードの基礎知識の紹介

  • ノーコードの開発事例10選


弊社シースリーレーヴの開発事例も含めてご紹介しています。今後ノーコードでの開発をご検討中の方はぜひご参考ください。

ノーコード開発ツールによるアプリケーション開発事例集

ノーコードツールの選び方


ノーコードツールの選び方

ノーコードツールを選ぶときは、以下の5つをポイントにしましょう。


  • 目的・用途

  • ツールの難易度

  • 予算や料金プラン

  • サポート体制

  • テンプレートや機能性


ここでは、それぞれの選び方について解説します。


目的・用途


ノーコードは、ツールによって対応領域が変わってくるため、目的や用途に合わせてツールを選定する必要があります。


たとえば、Webサイトやホームページ作成に特化したツールであれば、SEOやCMSの拡張機能が搭載されています。


ネットショップ運営に対応しているツールであれば、決済機能や在庫管理などのEC機能が備わっているでしょう。


まずは目的を明確にしたうえで、対応できる機能が備わったツールを選びましょう。


ツールの難易度


ノーコードは誰でも簡単に開発が行える点がメリットではあるものの、ツールによっては学習が必要になるケースもあります。


プログラミングの知識が全くない初心者の場合、操作の段階で躓いてしまうことも珍しくありません。


そのため、まずは難易度の低いツールを選ぶのもよいでしょう。


予算や料金プラン


ノーコードツールは無料で開発できるものもありますが、正式にリリースするためには有料版の利用が必要不可欠です。


まずは社内の予算や料金プランを比較して、ツールを選定しましょう。


サポート体制


ノーコードは簡単な操作で開発できるものの、作業中に不明点が出たり、運用や設計の段階でつまずいたりと、サポートが必要になるケースもあるでしょう。


サポートの有無や対応範囲などをチェックして、マニュアルやサポート体制が整っているツールを選ぶのがおすすめです。


現状では海外製のツールが多いため、日本語対応しているかも確認しておきましょう。


テンプレートの豊富さ


ノーコード開発では、パーツやテンプレートを組み合わせて開発やデザインを行います。


もちろん0からデザインしていく方法もありますが、デザインの知識やスキルがない場合は、テンプレートを活用する方がスムーズです。


イメージや理想に合ったデザインをするためにも、テンプレートの豊富さについても合わせて確認しておきましょう。


【目的・難易度別】おすすめのノーコード開発ツール


【目的・難易度別】おすすめのノーコード開発ツール

ノーコードは簡単にシステム開発が行える手法ですが、ツールによって難易度が異なります。


場合によっては初心者には難しいケースもあるため、あらかじめ確認しておきましょう。


ここでは、目的・難易度別におすすめのノーコード開発ツールを紹介します。


アプリ開発


ここでは、アプリ開発に特化したノーコードツールを難易度別に紹介します。


Glide:難易度☆


Glideは、スプレッドシートを活用してアプリ開発が行えるノーコードツールです。


フロントエンドをドラッグ&ドロップで開発し、データベースをGoogleスプレッドシートに入力することで開発することができます。


操作の難易度が低く、アプリ開発初心者におすすめのツールです。


Adalo:難易度☆☆


Adaloは、Webアプリとネイティブアプリの両方を開発できるノーコードツールです。


開発したアプリはGooglePlayやAppleストアでリリースすることができます。


Glideに比べて自由度が高く、幅広いカスタマイズが可能です。


Bubble:難易度☆☆☆


Bubbleは、ノーコードツールの中でも代表的といわれるツールのひとつです。


プラグインやテンプレートも豊富に用意されており、上記で紹介した2つのサービスに比べて高度でクオリティの高いシステム開発が行えます。


その分操作性が複雑なので、プログラミングの知識が全くない方は難しいかもしれません。


Webサイト制作


ここでは、Webサイト制作に特化したノーコードツールを紹介します。


ペライチ:難易度☆


ペライチは、ランディングページなどのWebサイト作成に向いたツールです。


CSSやHTMLの知識が不要で、ドラッグ&ドロップで簡単にWebサイトを作成することができます。


ページ数に制限があるため、規模の大きいWebサイト作成には不向きです。


Wix:難易度☆☆


Wixも同様に、CSS・HTMLを使わないWebサイト作成ツールです。


豊富なテンプレートが用意されており、さまざまなデザインやレイアウトを自由にカスタマイズ可能。SNS連携やオンライン予約など、さまざまな機能を埋め込むことができます。


より簡単で多彩なデザインを作成したい方におすすめです。


STUDIO:難易度☆☆


STUDIOは、オンライン上でホームページ作成が行えるツールです。


豊富なテンプレートを利用する方法と、0から自由にデザインする方法があります。操作画面やサポートは完全日本語対応しており、チャットですぐに質問することも可能です。


日本語での操作を行いたい方や、デザインにこだわりたい方におすすめです。


業務効率化ツール


ここでは、業務効率化に適したノーコード開発ツールを紹介します。


Anyflow:難易度☆


Anyflowは、さまざまなサービスを連携することで業務効率化できるツールです。


国内のSaaSにも対応しており、社内で独自のワークフローを作ることができます。


Zapier:難易度☆


Zapierは、2000種類以上のサービスを連携させて業務を自動化・効率化できるサービスです。


3つ以上のプラットフォームを連携させたり、複雑な条件設定したりすることもできるため、使い方次第では高度な自動化を実現できるでしょう。


ただし、連携できる国内ツールが少ないという一面もあります。


JoonBot:難易度☆


JoonBotは、ノーコードでチャットボットが作成できるサービスです。


メルマガ登録・カスタマーサポート・Q&Aなどさまざまなテンプレートが用意されており、より細かなカスタマイズを行うことができます。


無料プランでは1つ、有料プランでは無制限でチャットボットを作成可能です。


以下の資料では、ノーコード開発ツールによるアプリケーションの開発事例の詳細をお伝えしています。


  • ノーコードの基礎知識の紹介

  • ノーコードの開発事例10選


弊社シースリーレーヴの開発事例も含めてご紹介しています。今後ノーコードでの開発をご検討中の方はぜひご参考ください。

新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

まとめ


ノーコードであれば、専門知識やスキルがなくてもシステムを開発することができます。


ノーコードでの開発が難しいシステムもありますが、近年ではツールが進化しており、高度なWeb開発を実現した事例も増えてきました。


シースリーレーヴでは、ノーコード・ローコード開発における受託開発を行っています。Web開発を検討している方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。




ノーコード開発ならシースリーレーヴへお任せください!


シースリーレーヴでは「地球上で最も顧客の成功を実現する企業」をモットーに開発だけでなく、企画からデザイン・開発、リリース後のマーケティングやサポートまでWebサービスやアプリの受託開発に関する相談、開発を承っております。


お客様は、リリースが終わりではなく、そこからがスタート!

サービスを通して、お客様、そしてユーザーが本当に成し遂げたい事を実現するお手伝いをさせて頂きます。

弊社はノーコード開発・システム開発もできる弊社だからこその技術で、圧倒的な短納期・低価格ながら高パフォーマンスなサービスを実現いたします。


どんなお悩みでもまずはぜひ一度ご連絡ください。解決の糸口を必ず見つけ出します!

実際に開発してみたいけれど、予算は?こんなサービスを作りたいけどノーコードでできるのか?最短でどれくらい?どんな小さなことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

技術スタッフがご相談させて頂きます!

ノーコード開発に関するお問い合わせはこちら

ノーコード開発に関するお役立ち資料も無料でダウンロードできますのでぜひご参照ください。

ノーコードに関する資料のダウンロードはこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



Comments


資料ダウンロード.jpg

ノーコードに関するお役立ち資料をご用意しました。

ぜひご活用ください。

☑︎ノーコード開発ツールアプリケーション開発事例集

☑︎新規事業に最適な開発系ノーコードツール紹介

☑︎ローコード/ノーコード開発のセキュリティ対策

☑︎誰でもわかる!ノーコードとローコード

開発実績バナーFIX.jpg
最新記事
ノーコード開発お問い合わせバナー

ノーコードに関するお問い合わせや、ご相談などお気軽にどうぞ!

カテゴリー
bottom of page